人気ブログランキング |

ピンキージャンク

カテゴリ:音楽( 1345 )

BBQをしたいな、と思って

更新を通知する







こんな俺でもまがいなりにも地元に4人友達が居て、
割と親友レベルかな?
なのできっとこの夏はバーベキューをしに出掛けると思う。
この友人達以外で友達っぽいのは北海道に一人居るだけかな。
アバターチャットサイトでフレンドとか多少居るけど
友達って感じじゃないし、まず顔知らんし喋った事ないし(笑)



別にカニを食べたい訳じゃないんだよ。
カニを食べに行けるような間柄の人達が居たらこういった
PVの世界みたいに楽しそうになれるって話でね。
実際、楽曲もウキウキするしこの90年代の質感っていうのが
個人的には好きでね。
普段は凍る前位のビールの温度がベストなんだけど、クーラー
ボックス持ってったとこで外に出せばぬるい。
でも家で飲むキンキンに冷えたビールより美味い。
しかも友達と一緒に飲むとなお美味い。




97年だっけ?この曲。
バブル弾けて今後先どうなるんだ?な頃だよ。
windowsなんか98出てたのかどうかって時期だよ(笑)
でもPCとかスマホ無くても幸せだったかな。
皆そう言うでしょ?この時代に生きた人達って。
俺もその時代なんだけどさ。
恋も生活も遊びも別に不自由じゃなかったし。
ネットが便利になったら希薄な関係って多くなるとは
俺だけじゃなくって皆思ってたんじゃないかな?




年代超えて歌える歌のひとつだと思うけどね。
イエローモンキーの第一期も俺の中で色あせないのは
丁度この時代に売れまくってたんだけど、割とテレビも
見てたし楽曲知ってるし、ブラウン管のテレビ時代だけど
何の不自由もないかな。
まあ、今若い人は同等の楽しみ方を何らかで模索してる
んだろうしそれでいいんじゃねえかな。
別に過去の俺は~って言う事ないし。
聞かれたら言うけど(笑)
串に一杯さして一日楽しもうぜー、な曲だから俺も
今風に言えばパリピって言うのか?
じゃあパリピるわ(爆笑)



by kyo7272 | 2019-07-17 22:09 | 音楽

black tape for a blue girl(ダークウェイブ/ゴシック)

更新を通知する





12枚アルバムをリリースらしいが、結成というかプロジェクト化
し始動したのが1986年だから33年間で12枚という事は
3年近くで1枚リリースとあまり作品は多くはない。



このプロジェクトはカリフォルニアで始められたとは思いも
しない、ってイメージでも無いけどどうしても日本に住んで
いるとカリフォルニアは太陽燦燦なイメージなもんで
湿気っていうイメージが無いからよくもまあここまで湿気
120%な音楽を作るよな、と半ば感心したりする。




f0050105_18071155.jpg





プロジェクトという事はメンバーは多分流動的だったんだろうけど
その発案者のサム・ローゼンタールを中心に組まれたプロジェクトで
アルバムはほぼ全てProjektレーベルからリリースされている。
デビット・リンチとも親交が深くファンであると公言してるとこから
やっぱり似た者同士なんだな、とちょっと納得してしまった。
音はダークウェーブなんだろうけど、なんか一筋縄では行かない
んだよ。
フォーキーでトラディショナルな曲も多いし、ジョイ・ディビジョン
みたいなくら~い音もあったりゴシックテイストなシンセサイザーの
音もあるし、戯曲、ポエトリー、デカダン、などを気怠さで処理
しましたな音は俺では多分作れないウェット感だと思う。
この梅雨の時期だから何となく聴いてみたのかもしれないけど、
あんまり気分がスッキリするような音ではまるで無い。








この【うつ向いた一人の少女の為の黒いテープ(怪しいテープって
意味だろうか?)】という長いアーティスト名だが、もう
プロジェクト名から見てもダウナーなんだよ。
彼らからMizzy StarやAll About Eveなどの匂いを感じ取るのは容易
な話で、勿論これらのバンドの音色なども被ったりはしいる。
ファーストのリリース時期が1986年という事でジーザス&
メリーチェインなどの清涼系だけどダウナーなギターポップな
テイストも感じ取る事が可能である。




f0050105_18180001.jpg







彼らとの出会いは昔の彼女によって吹き込まれたものだ。
当時、自律神経失調を克服すべく毎日戦いながら仕事をし
音楽を作ってた頃に出会って【しまって】モデルを
してたんだけど、かなり独特な雰囲気を醸し出してる人で
その中のお勧めがこのアーティストも入ってたって
形なんだよ。
あっち系の病気系って言われたらそうだったのかも?
しれないけど、あんまりそこが論点で無かったんで覚えて
ないんだよ。
ただ毎日アンニュイ、気怠そうなオーラ満載でプラス
こういった曲を流してるもんだからちょっと怖いもんが
あったけどね。
俺も変な音楽を聴いてたので勢いっていうか、病気一人で
戦うのしんどいわ、と思ったもんでお付き合いさせて頂いた。



f0050105_18230724.jpg






まあ、こんなイメージの人だったよ。
髪型は長かったけど華奢で潰れそうでだるそう、って言う
今の俺なら無理だけどね。
面倒臭かったし。









久々に聴いたけどやっぱりジメジメしてる。
喉ごしが悪い酒を飲んでる気分だ。
でも時々その不味いか美味いのか分からん酒を飲む(聴く)
のを欲する時があってね。
でも長い時間滞在してられない、って気分かな。
全ての湿度の高いジャンルの音をブレンドしてるから
怖いもの見たさ、な感じはあるかな。
楽曲のタイトルも割とヌメってるし。











去年にアルバムをリリースしたらしく今も活動をしてる
みたいだけど、もういいかな。
昔貰ったテープとか割とあるしアナログやCDが多少あるから
これ以上は飲めません、な感じ。
結局ジャンルはダークウェーブになるんだろうけど、Death In
Junっぽいとこもあるし、やっぱりなDead Can Canceの
カバーもあるし何故かデビット・ボウイを歌ったりしてるから
(you tubeには無さそうだ)そういった楽曲が彼のキーに
なるんだろう。




f0050105_18333804.jpg





梅雨を、さらにもっとジメジメした気分を感じたい人は
良いかもね。
俺は夜中とさっき聴いたからもういいかな。



by kyo7272 | 2019-07-16 23:03 | 音楽

ゴシックと言うよりダークアンビエント(割とメンヘラの話)

更新を通知する






こんな音楽を聴くからメンヘラほいほいの類に入って
しまうのだろうか?
と人に何回も言われたのでぐぐって記事を読んでみた。
う~ん、半分位しか当たってねえかな?
冷たい時はとことん冷たいし、冷めるし、正直俺と
関係なかったら死のうが生きようがどうでもいいし。
てかこんなレアなジャンルを聴く人のとこに来るとも
思えないんやけどね。
私出ていく!!!
って言ったきり追いかけないし(笑)
どうせ戻ってくんだろ、と思ったら大体戻ってくるし。




最初にメンヘラ臭いな、って分かるなら近寄らんよ。
元々そう公言しても居るなら別問題だけど分からないんだよ。
普通だし。
大体正体が出てくるのが1か月近く、下手したら半月近く
経ってからやね。
あ、面倒だわ、と思ったら遮断するし。
しない人ってのはなんらかの魅力があるんだろうけど、まあ
基本面倒臭いんだよ。
稲川淳二の怪談が可愛く思える程の事は色んな人にされたよ。
もっとも稲川淳二は俺にとってはヒーリングだけどさ。



結構日本はメンヘラ率が高いらしい。
何位だったかとか書かないけどさ。
10年前より爆発的に増えてるそうだ。
20年前なんかと比べたら相当らしい。
てか俺の記事読んでるメンヘラの人って居るのか知らないけど
こんなアンビエントだダークアンビエント、ゴシックだって
割と読み応えあんの?
病理的なノイズとか聴いてるわグラインドコアだわデスメタル
だわブラックメタルだわ、っておおよそ一般の人とは
違った感性がある人を見て楽しいとは思わんのやけどね。
俺?そういった病院に行った事ねえんだよな~。
胃がもたれるって言うので行ってた位で。



ちっともこの記事の音楽に触れてないけど寄せ集めでしょう。
今日は暑い、って言うかもう湿気が駄目だめな日でね。
思わずさっきやっとクーラーつけましたわ。
気温は27℃が最高だったらしいけど、もう風も入らない
空気が淀んでるもんでギブアップ。
なんかお酢っ気なもんが食いたくなったので酢の食材を
買って食ってんだけどね。



さて、音楽に飽きたら稲川さんで笑わせてもらおうかな。
怪談をバカにはしてないし、もしかして何か居るのかも
しらない苦悩な人生だけど、でも笑えるんだよ。
夜中に聴いてたらあまりの気持ち良さに昇天しそうな
勢いだ。
もしこの世に浮かばれない霊とか居るならば決して
馬鹿にはしてないんだよ。
見た事ないからこう書くしかない(笑)
そういった心霊スポットとか怖くて行かないんじゃなくって
そこで死んだのが事実ならば興味本位で行ったら駄目だ、って
何か思ってしまってね。
別にびびってはいないんだけどさ。



しかしメンヘラほいほい、って両者にとってあまり良い言葉
じゃねえな。
俺がゴキブリほいほいかよ。
今後も増えるんだろうしそんな世界からは遠い北欧に行った
ので出会わないだろうけど、まあ、なんか言葉にならんわ(爆笑)




by kyo7272 | 2019-07-14 22:07 | 音楽

涼しそうなアンビエント

更新を通知する






明るいアンビエントでは無いけど涼し気なアンビエントで
適当にyou tubeぐぐってたらあったもんで。
ダーク系ではあるけど闇って感じでもないかな?
風の音だか深海の音だかを想起させる、ちょっとマーシャル
で強靭なアンビエントでその中を低音のメロディちっくな
音がかきまわされる、ってイメージかな。
これを聴きながら寝てしまった。
湿気で疲れてるんだろうか、少しビール飲んだら眠くなってね。
気候も最悪な時期だし、やっぱり夏間際とか一年で一番
好きじゃないし夏がこれから来るから弱ってる夏を見届けたら
ほぼ今年が終わるかな(笑)
10月が誕生日ゆえにそこを超えると今年が終わる。
まあ、そういう刹那さも個人的にはある音かな(笑)

by kyo7272 | 2019-07-13 22:05 | 音楽

The Shrinking Violets - She Said(ギターポップ)

更新を通知する






今日はリサイクル屋に今頃行ってる筈だったんだけど、
ちょっと色んなもんが何処行った?状態だったもんで
結局今日は行けなかったんだよ。
メイクまでしてたのに(笑)
で、もし行ってたらこういった音楽を流してただろうな~
って気分だったんだよ。
珍しく晴れてたし。


オーストラリア出身のバンドで1987年から1990年まで
活動してたらしい。
俺はアナログEPを何故か持ってるんだけど何で
持ってるのか分からないんだよ(笑)
きっと中古レコード屋で相当安く売ってたんだろう。


俺はあんまりギターポップ系、俗に言うネオアコ系とか
あんまり知識が無いんだよ。
持っててもあまり知らないって事は基本的にあんまり
興味が無いんだろうね。
でも時々聴きたくなるジャンルでもあるんだよ。



さて、明日行ってこようかな。
今回は近所じゃなくってちょっと遠くに行こうと思ってね。
別に欲しい物がある訳じゃないんだよ。
行ったって何も買わないかもしれないし。
昔のようにワクワクもしないし殆どドライブの延長線上って
感覚かな。
明日書くのかもしれないけど、ちょっと気分が重いくせに
行くからせめて軽やかなもんでも流したいな、と
思っただけなんだよ。

by kyo7272 | 2019-07-10 22:39 | 音楽

Syndrome -  I never lose~極悪夢の色彩~(V系)

更新を通知する






今日の夜中1時前頃、急に吐き気に襲われたんだよ(´・ω・`)
結局俺はいつもの通り吐かないんだけどさ(´∀`*)ウフフ
でも割としんどかったんだよ_ノ乙(、ン、)_
丁度、ウィンブルドンを見ててね。錦織の試合を見てた間に
あれよあれよという間にちょっとやばいわ、って⤴こんな
感じで気分悪くなってね。
俺はこういった時に


絶対に負けん、絶対に大丈夫だ



などと口に出したり心の中で思ったりするんだよ。
もう自分鼓舞の為だけにやり過ごす。
そして思い出したのが昔、イギリス人のギターの奴とバンド
してた時にしきりに


not lose,never lose,ok?



ってぶつぶつ言うてたんだよ。
その時俺と一緒じゃん、って思ってね。
負けない、絶対に負けないって意味だけど戦いなんだよ。
症状が出ても負けない、気弱にならない。そう思い続けてる
んだけど夜中もそんな感じで症状に対して戦ってたんだよ。
でも何で急にしんどくなったんだろ?




で、折角だから


Neve Lose


って曲がねえかな、と思ってyou tubeじゃなくって
秘密の(笑)サイトを見てみたらあったのがこの曲で。
お、割とかっけーじゃん!って思ってね。
別サイトはスタジオ版レコーディングのが載ってて正直
you tubeのライブ映像よりは数段恰好良かった。
ここの説明見ると2002年のVHSなのね。
知らんバンドだ。
他の曲は現時点で知らないけど、なんか鬼気迫るような
ゴスっぽいフレーズでギターの繰り返しのカッティング
とシンセサイザーに思いっきりフランジャーかけたんじゃ
ないか、といったスワーリーな音。
リズムがテクノ/ボディ系の速いリズムがこの曲の主な
部分だったりする。



もし体調悪くなってなかったらぐぐる事もなかったし
出会う事もなかった。
こんなバンドを知る事もなけりゃ死ぬまで知らんままで
終わってたのかもしれない。
病気ですら検索の対象になるのだよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ
病気などに俺は負けない(割と負けてるけどw)と思いながら
これからも生き続けるのさ。


by kyo7272 | 2019-07-09 23:08 | 音楽

布袋寅泰 - WAITING FOR YOU

更新を通知する






BOOWYが解散して真っ先に氷室京介が【ANGEL】出した
後に布袋の作品は実に世間に受け入れられそうにない、
ヒットチャートを賑わせる事が無いなと思ったのが
彼のファーストアルバムで。
作品を聴いて、実にこの人らしいって思った印象があって
全ての楽曲がカチっとした演奏で逆にそこが凄く魅力的
だったんよね。
俺が好きな布袋ってファーストから3枚目でね。
上の曲は俺個人的にはスタジオバージョンの方が好きで
なんだったっけ?パンク、スピード、リフレイン、などの
テーマを掲げて作ったって書いてたような気がするけど
パンクなイメージ、というよかサイバーなイメージかな?
実際パンクっぽい曲ってこの曲とかカモン程度かな。
BOOWY初期にパンク、というよりこの人は
ニューウェーブかな。パワーポップ系好きだったし
それが凄まじく出たのがスタジオ版のこの曲で。
結構この曲のギター弾いたかな(笑)




そっから詳しくないけどコンプレックスってバンドを
何故はさまないといけないのかってのは知らないんだけど
3枚好きって書いたけど、俺は圧倒的にセカンドの人でね。
ファーストはジグジグ・スパトニックをやってて俺も
好きな胡散臭い(笑)バンドなんだけど布袋の本を
読んでるとDAFとか好きってレビューに書いてて、まあ
そうだろうな、みたいな。
スーサイドに影響受けたのがジグジグならやっぱ好きそうだな
って思っててね。
セカンドはね、表現難しい世界なんだよ。
俺の好きなアンビエントを感じる瞬間もあるし、ロックンロール
も当然入ってるわ、ゴスペルだ10ccだプログレだフュージョン
だとごった煮だけど素晴らしい2枚組なんだよ。
かと思ったら【you】というメロウな傑作が入ってるし
(山下久美子にあてた歌だけどね)とてつもなく俺がコピーなど
出来ない発想で大好きなんだよ。



この3枚とギタリズムwildってライブCDが好きで、アクティブ
も含めて好きな5枚かな。
この曲は寸断されたリズムの【Beat Sweet】って感じで大好き。


by kyo7272 | 2019-07-08 23:06 | 音楽

Daniel Ash - Coming Down Fast(元Bauhaus)

更新を通知する






突然聴きたくなるバンド、及び、曲がある。
それが今回はこの曲で割と年間で聴いてる方だと思う
んだけど、Bauhaus時代とは違いLove and Rocketsとも
違うまさに一曲目に持ってくるのにふさわしい曲だ。
Bauhaus時代のギタープレイはバクチクの今井も
相当影響を受けているという通り、フリーキーで
ギターという楽器をおもちゃのように使用していた。
俺もフリーキーに弾くって意味では影響受けたかな~。



f0050105_19395930.jpg




Bauhaus時代の漆色のディレイを多用した暗黒な
プレイも好きだけど、クラブミュージックに近づきつつ
あった頃にリリースされ、この曲が彼のソロ一作目と
なっている。
俺はセカンドまでの2枚しか持ってないけど音の選び
方やバリエーション豊富な楽曲など好きでね。




f0050105_19423258.jpg





今年の梅雨は俺の地域だけでは無いだろうけど割と涼しい。
涼しいとこういった楽曲を欲したのか分からないけど
なんか秋っぽい感覚なもんで、ちょっとこういった熟練の
って時期でもなかっただろうけど様々なキャリアを
総括した中にソロとしてスタートしたアルバムの一曲として
はベストだと思う。
勿論今現在も活動をしており、【Poptone】というバンドを
元Bauhaus、元Love and Rocketsのケビン・ハスキンスと
活動をしており結構恰好いい。





f0050105_19445592.jpg



by kyo7272 | 2019-07-07 22:00 | 音楽

Richard Jobson(ポエトリー&ゴシック)

更新を通知する







今回はyou tube貼れなかったのでリンクで。
流石に昨日はパワーマックスで頭脳も肉体の使い果たし
今日の作業に影響を与えまくり、それを挽回しようと
思って無理な作業してしまって今相当くたびれてる
状態でね。
きっと悪くはならない、って気持ちって割と労力が
かかるんだよ。
駄目かいけるか、の瀬戸際だしプラス12キロも普段
歩かないのに歩かざるを得なかったから披露困憊で今日は
本当に呆けた状態だったんだよ。



このアーティストは以前ここに記したんだけど、元skidsって
スコットランドのバンドでそのボーカリストがソロで
やってるのがこういったポエトリーディングな戯曲めいた
物でね。
アンビエント的でもありデカダンでもありゴシック的な
部分もある。
疲れた今日の俺にはこれが丁度合ってたので載せた。
LPとCDを持ってるけど時間が止まったかのような錯覚
を覚えるようなピアノとボーカルをメインとした曲で
存分にリバーブがかった音が好きでね。
このまま寝れそうな勢いだ。

by kyo7272 | 2019-07-06 23:21 | 音楽

稲川淳二を聴く

更新を通知する





彼の話をあまり覚えてない事がある。
実際は覚えてるけどその様はあたかもヒーリングを
聴いてるような感覚になる。
声のトーン、質、喋るスピードが自分には心地良かった
りする。
ので、【聞く】ってより【聴く】って表現になる。
とはいえ、今年はあまり彼の怪談を聴いてないんだけど
霊とは関係無いとは思いつつも実はそういう物が
あるんだろうな、と思いながら若干封印してたりする。
今日はあまり詳しく書かないけど、今住んでるとこに
引っ越してからほぼ良い事がない。
0年代より10年代がもっと酷い。
その10年代もそろそろ終わりを迎えるんだけど、一向に
改善しない。
この家に何か憑りついてるんじゃねえか?と思える
んで彼の話とはリンクはしないけど、仮に居るなら
稲川淳二の話を聴いてる事自体が共鳴してんじゃないか、
とはたまに思ったりする。


個人的に怪談とは人間の戒めの話、と思っている。




by kyo7272 | 2019-07-02 23:45 | 音楽