ピンキージャンク

カテゴリ:音楽( 1229 )

こんな事をやってみた、り?











今年にブログで載せたテイクだけど、何故かもう一個別の
テイクを持っててね。
そっちは極悪ノイズなリミックスで同じAndrew Lilesという
人がやってんだけどカオスなんだよ。
こっちのテイクは割に大人しい、というか宙に漂うような
リミックスでね。
俺がやったのはカオスの方なんだよ。
まんまこれでは無いんだけど恐ろしい世界の音楽を作って
みたんだよ。
もっともテストなんだけどね。
素材を集めてカットアップ、コラージュちっくにして
半ば遊んでたんだわ。
DTMのソフトの使い方を習いながらだけどね。
ブログを書く暇すらない。
いや~やってて楽しい。
こんな音楽でも俺は楽しいんだよ。
もっともゴシックとは何ぞや?とか宗教とは?には全く
興味がないからスタイルとして、の話だけどね。
大体意味性を加味させる必要が無いと思ってる人で
ダークなヘヴィーノイズをPCで作ってたらそれはそれは
恐ろしい世界が出来たんだよ。
まだまだ甘いんだけど、音楽作ってたら他には何もいらん、
とまではとても言えないけどそんな気分。
こういうテイクをまとめる人ってある種凄いと思うし
洗練されながらアングラな音楽を突き進もうかな、って
思ってる最中なんだよ。



因みに来た当初からPCがクラッシュすんだわ。
まだ保証期間が1年近くあるので様子見てください、っては
言うものの、絶対SSDがダメなんだと推測してる。
どっちみちマウスコンピュータ社に送らないと録音して
ようが普通にネット見てようがクラッシュする時はする
んで性能が良いPCではあるけど、クラッシュされたら
たまったもんじゃない。
ので、来週にもう一回問い合わせをしようとは思うけど
年末だしダメなら年始辺りに返品すっかな。

[PR]
by kyo7272 | 2018-12-14 19:10 | 音楽

U2とか歌ってきた















後は日本のアーティストで。
イエローモンキーとか吉井和哉とかScape Goatとか。
アニソンもちょっと入れたかな。
U2は声が俺には高いからちょっとしんどかったけど
彼らの楽曲は5曲までは歌うの可能かな。
割と自分では歌えたと思ってるんだけどね。
【Gloria】はたまーに歌う曲なんだけど好きでね。
高音をしなやかに出すように車で歌ってるような感じで
歌ってみたんだよ。
アイリッシュ民謡なメロディ部分が好きで国の背景とか
抜きにして歌ってきたんだよ。
U2って個人的に割と冬に合うんだよ。
ちょっと歌えた時は気持ち良かったかな?

[PR]
by kyo7272 | 2018-12-07 21:40 | 音楽

シンセを置くスペースが無い




f0050105_18545543.jpg




2年前に買ったヤマハのSY-85なんだけど、ギターを気軽に
弾く感覚で起きたかったんだけど置く場所がない。
ハードケースに入れてあるんだけど、そのケース自体が
かなりの重量があって下手したら今年もあんまり使ってない。
というかケースから出してない。
で、俺の部屋を見て固定できる場所って何処っすか?
と思ったけど無い。
幅も広いし奥行きもある。
しかも相当重い。
他の2台のシンセサイザーはあんまり重くもないししまえるけど
この機種は重さ故に使うのを躊躇してしまうんだよ。
1つの重量物の運動みたいな。
俺の座ってる横に固定できないかやってみたけど無理だった。
テレビの棚が邪魔なんだよ。
4Kとか8Kを売るような事すんなよ。
何故か32型だし。それより大きさ下の奴の方が高かったもんで
32なんかにしたけど、正直邪魔だ。
そしてテレビをあんまり見ないので無駄だ。
まあそれは良いとして、毎回出したりしまったりを繰り返す
のもしんどい、でもこの場所に無理やり置くのもしんどい。
結論は出ないけどそういう状態なんだよ。
隣の部屋は服だらけだし。
気軽に毎回出せるもんじゃないから、よっぽどな時にハードケース
に毎回しまう、って作業がない状態にならんか考えてみたけど
途方に暮れそうなので止めた。
PCの次は楽器の場所をさまよう事になり、いい加減にしてほしい
と思ったけど、仕方ないわなー。

[PR]
by kyo7272 | 2018-12-06 22:08 | 音楽

Dead Or Alive - Special Sta (ジャンル不能)




f0050105_19165869.jpg








この季節になると毎年この曲を聴きたくなる。
俺にとってのDead Or Alive(=ピートバーンズ)はユーロ
ビートとして出会ったけどそれだけじゃない、色々背景が
芳醇なアーティストとして受け止めたんだよ。
単なるユーロビートスターじゃない、って認識でね。
彼のボーカルはそれを喚起させる何かがある、骨太な
声質を持っている。
でも俺は彼らの3枚目までが好きで4枚目も割といいんだけど
流石にかなりポップすぎてそっから敬遠しててね。
確かにこの曲のように「スペシャルスター」となって死んで
しまったけど、別のジャンルに向いていた俺はそれすらも
知らなかった期間が長かった。
今から聴くとこの曲は彼のレクイエムのように感じる。
ポップな中の彼方にデカダンでゴシックでパンクな彼が
佇んでいるからだ。




元々ウエイン・ハッセイ(元シスター・オブ・マーシー、Mission)の
彼と組んでた時の音源もこのブログに載せたけど土着的で
今でいうコールドウエイブ、もしくわポジティブパンクそのもの
のような音楽性だった。
ユーロビートとはまた違った刺激と興味があった頃で
ポストパンクと言ってもいい音楽性をしていた。
今でも思うけど俺の読んでる音楽本などに登場してても
いいと思ってるけど決して彼らは取り上げられない。
ショウビズの世界のスター、とでも思われてるんだろうな。
確かに【You Spin Me Round】で全英1位を記録した
ユーロビートアーティスト、ユニセックスなバンド、そんな
とこなんだろな。
俺はそれを含めたアングラ時代の彼が作った最高傑作だと
思ってこの曲を載せたんよね。
ポップ極まりないけどアメリカなどでは出せないイギリスの
湿り気ある音楽で叙情的で切ないメロディなんだよ。
かと言って暗くなる事もない新しい時代の(80年代では)
音楽だったんかな、と今思ってね。




俺は80年代初頭辺りから86年辺りまでの彼が好きだったんだよ。
ピートバーンズみたいなルックスや声が欲しいとも
思ったもんだったよ。
だが彼は時代に取り残されてしまった。
90年代に入ったハウスに挑戦したけど流石にしょぼかった。
そして80年代的シニシズムが漂う姿はグランジなどに
代表されるTシャツ来てギター弾くバンド、ってアイコンに
ケバケバしいセクシャリティのある彼は取り残された。
そして整形しすぎの為に音楽活動すらままならなくなったのは
本当に残念だった。
もう彼は90年からずっと古かったんだよ。



80年代を駆け抜けた、表も裏も知っている彼だからこそ
成し遂げたポップアイコン=スペシャルスター。
デビットボウイなどよりあんまり影響力がないのかも
しれないけど、未だにこの日本でも影響力があるアーティスト。
アングラ音楽を志向してた頃も、ユーロビートに乗って
腰を振ってからも濃いセクシャリティで駆け抜けた、と
思ってて質感も全く違うけどプリンスを想起させる。
美を求めるがあまりに美から結果として遠ざかり
懐メロアーティストになってしまったのは事実だけど
俺にとってはルックス以上に彼の武骨で男っぽい
ボーカルにある、と思ってる。
俺にとっては最高のアーティストが何故かこの時期に
合うのは、やっぱり彼は特別なスターだったからかな。
雪空の都会に合う、ワム!や山下達郎だけじゃねえよ!
とこの曲はクリスマスソングでもないだろうけど
それに匹敵する歌だと思ってるんだけどね。
とてつもなくドリーミンポップな歌だ、と今でも
思っている。


[PR]
by kyo7272 | 2018-12-05 23:28 | 音楽

やっとレコーディングできる



f0050105_19024229.jpg



このしょぼい場所で、これから始めるんよね。
ここにエフェクター繋いでPCで録音するんだよ。
その環境がやっと整った。
MTRは持ってるけどもう古いし。
この場所でアンビエントを作り、ノイズを作り、ラウドな
音楽など色々詰め込んで作っていくんだよ。
歌もんは流石に近所迷惑になるのでノートPC持ってスタジオ
に行くけど、ノートのパワーが足りないとは言え人にも
助けられてやっとここまで揃えた。
別に売る為にやる訳でもないし、金が動くのか?って
言われたら多分動かないような活動しかしないと
今は思ってるんだけど、今まで蓄えてきた感性を信じつつ、
メカニックな事はやりながら覚えるって状態なのでまだまだ
手慣れてない環境だけど、この環境を大事にしていこうと
思っている。



今までの沈鬱とした気分だったが俺の感覚はおかしいんだけど
これでやっと自分のレクイエム作業ができる、って思ってる
んだよ。
苦痛を伴わないなら別に居なくなっていい、って思ってる
位色んな経験したしさ。
機材揃える上で金は必要だけど、もう金とか女とかどうでも
いいんだよ。
自分の作品が出来る事が一番って思うようにずっとなってて
やっと夢叶った、って感じなんだよ。




何がしたいか、作って行ったら思ってもいない音楽を作る
だろうし、錆びてるピアノ系統の曲などは当面SY-85が
活躍するだろうし、でも演奏を磨かないといけないんだけど
とりあえず再びスタートラインに立てたのはこの上なく
嬉しい。
自己満足なマスターベーションと言われようが俺は大量に
音楽を創作して満足出来る作品が出来たらな~って思うと
ワクワクして仕方ないわ。

[PR]
by kyo7272 | 2018-12-03 19:13 | 音楽

The Stranglers (パンク)



後一時間でやらないといけない事がある。
またブログ書いてないから歯磨きを4日位してない
事になる、って感覚で。
また色々あって疲れてしまって途方に暮れながら
酒を飲む。








セカンドに入ってた【Biching】のDENOを聴いて
タバコ加えながらああ、あと1時間どうするよ?
な状態で聴いててね。
原曲より若干サイケデリックでブルーズすら感じる
アレンジになってて、割とこっちも好きだったりする。
オリジナルもそんなに速いと思わないけどこれを聴いた
後で聴くとハードコアパンクのように聴こえるとこが
面白い。


では無駄あがきをしてくるかな。
そゆのもある種早漏パンクな感じでいいじゃないか(笑)



因みに俺は相当な遅漏だ。

[PR]
by kyo7272 | 2018-12-01 22:57 | 音楽

The Psychedelic Furs - Pulse(ニューウェーブ)



f0050105_19244571.jpg











70年代後半に結成され、80年代にスマッシュヒットを放った
割とあまり知られていないバンド。
こないだデートしてた時に弾いて歌ってくれ、って言うもんで
アコギで歌ったんだけど昔から好きな曲でね。
英語自体覚えてないけど何回も聴いてるから適当英語で
歌ったら気持ち良かったんだよ。
俺はこういったセクシーで妖艶な男が割と好みでね。
デビットボウイだってオンリーワンズ、エコー&バニーメン
とか共通して好きでね。
別にゲイじゃないけどさ。
この曲は彼らの作った曲の中で一番好きで、ファーストに
入ってるんだけどほのかなサイケデリック感にスピード感
ある部分は彼らは否定してもパンクのスピード感は入ってる
よな、と思えるちょっとミニマルちっくな曲で好きなんだよ。
サックスが入ってる部分もミソだし。
でも演奏がどうの、ってよりリチャードバトラーの
ヴォーカルを活かした陶酔感あるロックチューンで
今後もこの曲は愛していくんだろうな。


f0050105_19310538.jpg


[PR]
by kyo7272 | 2018-11-28 22:36 | 音楽

Plastique Noir(ポストパンク的な音/ゴシックロック)








これもポストパンク的な音を現代に持ってきたバンドで。
アルゼンチンのバンドとは思えないような湿り気で、
アンビエントなどにも同じ事が言える。
アルゼンチンのバンドはある種古き時代の音を継承
してるっていうか。
音は前の記事でも書いたけどポストパンク/コールドウェイブ、
ポジパンな世界。
84年辺りにリリースしてた、と言われても違和感がない
グループである。
こういう音楽形態を発祥したイギリスより様々な国で
固定のファン層があり、バンドが多いように思う。
元ネタはこれもやっぱりJoy Divisionだ。
誰かのライナーで言っていたがポケットをひっくり返しても
テクニック的には何もなく想像性もない、と言ってたけど
Jyo Divisionがこの時代でも有効とは思わなかったし、
実際彼らの影響を受けまくってるのは事実である。




こういったバンドに一曲どれが良かったか?って質問
はナンセンスなんだよ。
一曲聴いて分かる、ってよりアルバム単位で分かる
バンドに俺は思ってるしさ。
素晴らしい、とは思わないかな。
でもリアルタイムじゃないのに懐かしいとは思う。
それは本人が聴いた時代によって過去を勉強してみて
判断できる事だと思って居るし。
耽美性はあるんだろうけど、そこまで耽美では無い。
80年代に全く同じ音を出してたバンドと一緒、と言えば
一緒だろうな。
メインストリームには出れない音だろうけど、こういった
後継者が居るという事は需要があるんだろうし
中にはこういったB級のゴスパンクなどあって良いとは
思ってるけどね。

[PR]
by kyo7272 | 2018-11-14 21:23 | 音楽

She Past Away(ポジパン/ダークウェイブ)







そもそもポジパンってのも時代背景的にデッチ上げたい
素材だはあったんだろうなと思ってる。
ポジパン=ポジティブパンク
の略だけど、ちっともパンクな精神はなかったし。
パンクが78年のピストルズで終わったとして、ハードコア
パンクが勃興した後に出たムーブメントで、じゃあJoy
Divisionとかとどう違うんだよ?って思ったけどそれの
影響下にあって、演奏技術がなかった故にダークな
エレポップやボディ系の影響のもとに出来たのが
このジャンルだと思ってんだよ。
パンクってつければまだ年代的に聴く人が居るだろう、という
マスメディアのでっちあげ、と言えばそれまでだけど
エレポップのグラム化(化粧)がニューロマ、パンクの
(稚拙ゆえに)グラム化がポジパン、そんな感じだわ。




で、割とイギリス以外で(居るのかもしれないけど)昔の
コールドウェイブまんまな音を作ってるバンドが結構
多いように感じる。
このバンドはトルコで結成されたバンドで2006年結成って
事は割りと最新め??なアーティストで。
まんまシスターズな音しててね。
Sisters Of Mercyの音そのもののな音楽なんだよ。
それをやる意味って?って言われたら好きだったし、って
多分勉強する世代だろうね。
こそばいんだよ、聴いてると。
俺もリアル年代で聴いてたジャンルじゃないから俺も
後づけで影響受けた、とは言うもののシスターズは実は
ゴスロックの中ではあまり得意では無いんだよ。
でも80年代のゴスロック(ポジパン)と稚拙さがあまりにも
完璧に創作されてるとこがこの時代の音が好きだったん
だろうな、というバンドがフランスやブラジルなどに
結構居るんだよ。





シスターズ時代が元々抑揚のない音楽だったが故にあまり
印象にない。
やっぱりBauhausでしょ、な俺にとっては3番煎じな感じが
してね。
でも所々Joy Divisionの影がちらほら出てくる。
シスターズがそうだったからそれも仕方ないと思うけど
今度似てるバンドとか紹介しようかと思うけど、Jyo Division
がこれほどまで今現在においても影響してるのか、と
ピストルズ以上にネットワークがあるんじゃねえのか、って
位拡散を続けている。
こういうのも今の世界ではトレンドの一部になってんのかね、
と雑誌も買わない俺(本屋がない)としては複雑な
気分とともに懐かしさもある、変な気分なバンドだわ。


[PR]
by kyo7272 | 2018-11-13 23:09 | 音楽

Satanismo Calibro 9 (女のヒステリー系ゴシック)








きっと聴いて楽しくない音源でね。
俺の付き合った女遍歴の中でもこういうヒステリックな
女居たわー、とそういう意味で陰鬱になる音楽。
ゴシックと書いたけど、俺の中のゴシックのイメージは
【気品がある】というのが好みなんでただ暗くささくれ
だってるだけで、ノイジーで不穏で女のヒステリーしか
感じない世界だし実はゴシックでは無いんだろうけどね。
ひとまとめにするとアバンギャルドミュージックな類
だろうし、それ以外に形容する事は無いかな。




じゃあ何で載せてるんだ?って言うとアングラさ加減が
程よいかな、と思っただけなんだよ。
ギターが軋んでる音、不穏に何言ってんだか分からないとこ
なんかは俺の付き合ってきた女の一部そのものだ。
一緒に居て一人で呟いてる女なんて怖いだろ?
そゆ世界だよ(笑)
生理的にこういった女を受け付けない俺がこれを聴く、って
のがまさに【ノイズ系】じゃん。
夜中起きたらトイレでぶつぶつ念仏唱えてる系統ね。
実際何度もそゆ光景を見た事あるし。
絶対こういう音楽ってショートの女を連想しないだろ?
俺もそうなんだよ。
髪の毛は長くまとまりなく振り乱してる、そんな感じ。
絶対一緒に暮らしたくない系音楽やね(笑)

[PR]
by kyo7272 | 2018-11-06 21:52 | 音楽