ピンキージャンク

産業ロックとかを聴く



失礼な言い方だけど、70年代とか80年代のハードロック/
メタル系、もしくわそれに近しいバンドで売れているか
メロディが分かりやすい音楽の事を産業ロックと呼ばれた。
パンクやニューウェーブ聴いてる人には軟弱だったん
だろうな。
俺は当時は割りとバラードが好きでね。
日本のアーティストもそういう傾向で聴いてた記憶があるん
だけど、当時初めてそういったメタル系統の音を聴いて



なんか音軽いな



って思ったんだよ。
へヴィーなメタルだろ??
なんかスッカスカじゃん!!ってイメージだったかな。
今聴いても特に80年代の音源はレコーディング状態と時代
故に音が軽い。
全部は書ききれないし、アーティストの情報とかもう忘れ
てしまっててね(笑)
ああ、懐かしいな、って世代の人には聴いてもらいたいと
思ってんだよ。
こんな頃に生まれてねえよ、って人もまあ、なんとなく聴いてよ(笑)





Van Halen - Love Walks In


アルバム【5150】は確かによく聴いた。
もはやメタルって感じしなかったし。
その前の【1984】もよく聴いた。
ヴォーカルが【5150】から変わってサミー・ヘイガー
になってるけど【1984】よりメロウになってる
印象やね。
実は昨日これをたまたま聴いて今日のブログを書こうと
思ったんだよ。





Asia - Heat Of The Moment


元々プログレをやってるつわもの同士で結成されたバンドでね。
リアルタイムでは聴いてないけど、下世話な位の産業ロック
っぷりでね。
カチっとした演奏が技術の高さが伺えるんだけど、今聴くと
、というより当時もだけどメロディが良いよね。
プログレの人達は来たる80年代を迎え、パンクに勢いを取られ
どういった音を作るかという時代だったんで、この当時は
こういったポップ化を計らないと生き残れなかったのだ。






Heart - These Dreams


古くから活動してる彼女達は1985年に本格的に復活をする。
その中のアルバムに収められた曲がこれ。
本来ハードロック志向だったけどハードな中にキラリと
光る楽曲とポップ化に成功したアルバムでね。
その中で一番好きなのがこれ。






Foreigner - I Want To Know What Love Is


実はフォリナーってね、あんまり知らないのん(笑)
ただメロウでいいな、って思ってさ。
こういった分かりやすさがある、作曲面では当時はこれが
当たり前だったんだよ。
乱暴な言い方するとハードロックとAORの融合みたいな
イメージがあったかな?
彼らはハードロックな部類に入るのか分からんけど
(確か昔は少々ハードだった気がする)やっぱ選ぶのは
バラードが多いなー(笑)





John Cafferty - Hearts On Fire


これは【ロッキー4】で流れててね。
凄く気に入ったな~。
今でも筋肉トレーニングする時これだし(笑)
最後の転調するとこが好きだったんだよ。
以前you tubeで彼らを調べてみたんだけど、印象がない。
彼らと言えばやはりこの曲で決まりなんだよ。
因みに今日は【サバイバー】ってバンドは載せないよ。
俺はそんなに好きじゃないから。
でも彼らこそが産業ロックという言葉が一番似合う。






Journey - Only The Young



最初に聴いたのがこれでやっぱり一番印象に残ってるので
これ載せた。
彼らは70年代から産業ロッカーだったよなー。
産業ロックって事はやっぱりメロディが良いからであるから
演奏技術は高い人が多い。
そしてボーカルもよれない。
この曲も古いけど当時の郷愁を伝える楽曲になってどこか
切ない。
若さだけ、若いが故、な曲だしこれでいいんだよ。
俺はカーステでかけてるけどさ~(笑)
哀愁があってアップテンポで言う事無し。






Toto - Hold The Line




TOTOも産業ロッカーの代表格やね。
何でこの曲?って言われそうだけどまあ、【アフリカ】が
一番分かりやすいんだろうと思ったけどリアルタイムじゃ
なかったんで、これも違うんだけどよりロック的かな、
みたいな。
ギターのテクはすざまじい物があるバンドでね。
思えば産業ロックってメタルの範疇に入らない音のバラエティの
懐が深い人達の事を言うのかもね。
ボストンとか強烈に計算されてたハードなバンドだったしね。
載せないけど(笑)
TOTOは実は【I'll be Over You】って曲が一番好きなんだが
もはやAORになってしまうので割愛。






Bon Jovi - Livin' On A Prayer



当時Bon Joviって路線変更してこの頃よりもっと成功を
勝ち取るけど、メタル系のリスナーは彼らをメタルの
範疇に入れなかったよねー(笑)
まあ、下世話な位分かりやすかったしそれも仕方ないけど
じゃあtwisted sisterとかLizzy Bordenとかね。
Ratt辺りもそうなんだろう。
とどう違うんだろ?って思っててね。
一応貼っておくか。





Twisted Sister - We're Not Gonna Take It



なんかいっつも歯を食いしばって肉だか何だかを食ってる
ジャケットと化粧か仮装か分からないメイクをして
人気を博したバンドが彼らでね。
Bon Joviと同等、もしくはそれより分かりやすいメタル
バンドが彼ら。





GTR - When the heart rules the mind



これもプログレの人達のバンドっていうかユニット?
元ジェネシスのスティーブ・ハケットと元YESの
スティーブ・ハウのスーパーギタリストのバンドでね。
時々プログレっぽい展開もあるけど、上手くポップ化。
そして叙情性のあるメロディに産業ロッカーとしてはやや
遅れたイメージがあるけど(1986年か1985年)この曲も
売れたんじゃねえかな?
バンド名は相当速そうな車だな、って思うだろうけど
Guitarからもじったもの。




もっと一杯あるけど時間がない。
知ってる人は懐かしさにふけってこの夏を産業ロッカーで
爆発させ、そして愛を告白し、速度規制がかかったハイウェイを
時速100キロで(捕まらないように(笑))ぶっ飛ばせば
いいんだよ。
バラードが多いのは産業ロックの中にソウルやAOR的な音や
サンバ、ラテン、ジャズ辺りの音など色々凝縮されている。
もし車に乗って嫁(彼女)などとこういった音楽のCDか
iphoneとかで聴きながらドライブすればいい。
俺はね、1時間が限界やね(笑)
皆産業ロックの名前を言うとちょっと笑う。
何でなんだろな。
俺もちょっと笑ってしまう笑
でもさ、メタルバンドとは技量が違うのだ!
そしておセンチになって聴いてるとしみじみ良いバンド達だったよな、
っと思いながらやっぱり笑ってしまう、そういう愛のある
行為(好意)のつわもの共の音を今年の夏はいかがでしょうか?
それではね、再びアップする事があればね、宜しくお願いします。
という昔のFMのように俺は去る(´∀`*)y―┛~~フフフ



[PR]
by kyo7272 | 2018-07-10 22:34 | 音楽
<< また間抜けな俺のせいで車のバッ... 俺の飲んでるバルサルタンは安心らしい >>