人気ブログランキング |

ピンキージャンク

青葉市子(アコースティック)

更新を通知する














演奏陣は豪華でね。
ただ、彼女の歌は気が乗ってない時に聴くと俺の場合は
非常に鬱陶しい物になってしまう。
何でか分からないけどまるで拒絶する時が割とある。
上手いとか下手とかの世界じゃなくて、生理的に無理な時
が結構ある。
今日は聴けそうな日だったのでこれ聴いて徹夜で作業した
後だったもんでそのまま寝てしまった。
何処が素晴らしいとか俺には言えないかな。
薄っぺらい自分のイメージで言うとサブカル女、ってイメージ
かな。
酷い言いようだけど駄目な時はそういったイメージが助長されてね。
この人の事をあまり知らないけど音源は人から貰ったもんが
あってそれを聴いてたんだけど、個人的にかなり自分の
状況によって変わる音かな。
下手したらこういった素朴な歌は多分称賛される方が多いと
思う。
俺もそう思って聴いてる時は聴いてるし。
どのような音楽も気分に左右はされやすい物ではあるけど
この系統は割と嫌な時は本当に無理でね。




この世界観で救われた人も居るだろうし、俺も時々だけど
救われてるのかもしれないんやけどね。
秋に合うような曲が多いとは思うけど(卒業写真はあるけど)
彼女を聴いてイライラするなら俺の状態は良くないって
事なんだろうね~。
生理的に駄目な事象は歳食ってから割とあるんだよ。
下手したらアンビエントすらも鬱陶しいって日もある位だし。
難しいもんだわ。

# by kyo7272 | 2019-09-16 22:09 | 音楽

ゲレーロ20号に涙する(自分も本人もw)

更新を通知する






俺は巨人ファンだ、という事を了承して見てもらったらいいかな。
この試合を家で見てたけどチャンスで今日も駄目だった。
確かにこの日までボロボロの打撃だった。
でも来季も居て欲しいと思っている選手だ。
今日打ったから、って意味じゃなくってね。
最近、捕らえられそうで凡退をしていた。
でも打席でのファールは決して悪い物ではなかったし、選球眼も
良かったけど結果が出なかった。
微妙なズレがあったんだろうね。


f0050105_18592833.jpg

打った瞬間辺りの画像。




f0050105_18595795.jpg


見たか!!!やったぞ!!見たかぁああ!!!
なガッツポーズというより雄たけび。
8月から割とこういったシーンが多い。
来年も巨人でやりたいのかな?と個人的に思ってるん
だけどね。



f0050105_19012363.jpg



ジャビット人形を差し出してるけどスルーされる。
そこまで悩んでいたんだな。
この涙でう”、っときた。





f0050105_19021020.jpg



ああ~(´;ω;`)ぶわっ






f0050105_19023333.jpg





泣きながらナインとタッチ。
原監督は普通に笑ってる(笑)
でもね、原も昔は舐められたり長嶋政権では不遇な
扱いされたから気持ちは分かるんじゃないかな。
原のバット投げも相手チームから舐められたから。
近鉄との日本シリーズも最初のヒットがホームランで
それまでも舐められてたからね。




ついでに戦評みたいな。


菅野は下手したら来年に響く位ガタガタやね。
宮國はもう限界かな。
阿部もデッドボール当たったし、この回に点数
入らなかったのが痛い。これ書いてる時点では症状が
分からないけど骨折だと思っている。
なかなか点が入らない状況でもしかして負けかな?と
思ったら石川の特大ホームラン4号で1点差。
その後に出た8回のホームランがゲレーロのホームラン
だった訳だ。




俺はね、こういう人間臭いとこのあるゲレーロが好きなんだよ。
なんかロックって言うかさ(笑)パンクって言うか。
勿論実力があると思ってるしそういった目で見てたけどね。
打率は250でいいんだよ。そりゃもっと率が良い方がありがたい
けど無理して使ってたら30本打ってただろうし。
20本のカルテットが今日出来上がった。
泣いたりごねたり怒ったりニコニコ喜んだり人間臭い彼が
不調であろうが駄目であろうが好きなんだよ。
結果がまあ、出てるしさ。
異国の地から来て、いきなり中日に入団した2017年に
ホームラン王になった。
去年から巨人に来てコミュニケション不足でふてくされた。
今年も色々あっただろうけど、2軍コーチ、そして元木という
スパイスが効いている。
技術的というよりイライラや落ち込みを発散させてるのが
元木コーチだと思っている。
まあ、実際はゲレーロの愚痴を聞いてやってるんだろうけど。




チャンスで打てなかったのが悔しくってジャビット人形すら
受け取るのを忘れるゲレーロ。
PJから打った嬉しさとかより、自分の一打で逆転出来た
喜びが確信となり雄たけびとなり、そして頑張ってきた
自分(+手伝ったコーチや通訳など)にやったぞ!と
情けねえな!という感情が入り混じった涙だと思っている。




だからね




調子イイね!!!


# by kyo7272 | 2019-09-15 23:02 | 野球が熱いぜ!

Christian Death - Uncertain Journey(ポジパン)

更新を通知する






あまりに作業をやり過ぎるとクタクタになって、何の感情も
なくなりこんな音楽を聴いてぼーっと何処か一点凝視して
時間が経つことは割とある。
Christian Deathは割と持ってんだけどじゃあ好きなんか?
って言われるとそうでもないかな。
大概LPとかシングルで、だけどね。
ジョイディヴィンジョン以降、って感じの音が今日は合った
んで。
如何にもニューウェーブ時代以降の薄っぺらい80年代
ゴシックロックだけど今日はそんな気分だったんだよ。



明日の京都はまた35℃とかになるらしい。
それを超えたらやっと秋かな。


とてつもなく疲れた作業したので今も果てている。

# by kyo7272 | 2019-09-14 23:12 | 音楽

厚底靴(パンプス)に悩む

更新を通知する


どうやら今まで履いてたこの靴が廃盤になるらしい。
Demoniaというメーカーで作られてたけどもう商品がない。



f0050105_17513207.jpg





f0050105_17512996.jpg






俺が靴を選ぶ基準はヒールが最低7センチはある事。
なぜなら、未だにブーツカットをメインで履いている身と
しては特に後ろ(ヒール部分)を長めに残してフレアーを
見せたい為だったりする。
ソール(前の部分)との角度差によって美脚的に見えるって
事なんだけどね。




家にはヒールで言えば5センチ、7センチ、10センチ、13センチ
の靴が一応あるが、10センチを超えるとふくらはぎが結構
きつくなる。
せいぜい10センチが限界なのかもしれない。
そしてこういったヒール靴を男性系で見つけるのはほぼ無理だったり
する。
この靴もアメリカサイズの女性用だからだ。
俺は足のサイズは26センチなのでこの靴良いな、と思っても
大体女性靴なのでサイズが24.5、25センチ辺りで止まる。
履けないんだよ。
のでデザイン無視をし、かつヒールとソール部分の差が緩やかな
靴を探したらこれしか幾らぐぐっても無いので決めようかな、とは
思っててね。




f0050105_17573822.jpg





f0050105_17574214.jpg





f0050105_17574696.jpg




この靴は27.5センチまであるので値段も7800円辺りだった
かな。
確かにゴスロリの系統にはあたるが、27センチ超える、しかも
ヒールとソールの角度がベストだったDemoniaの靴系統を
探してたらこれしか無いんだよ。
100ページ位見て探してこれとあと2つ位。
ヒールからソールにかけてあまり角度が無い。
かと言って全く角度が無いなら普通の厚底靴になってしまうので
多少の角度はついてくれないと困るんだよ。





f0050105_18013816.jpg




この靴ではないけど似たようなのを持っている。
これでヒール12.5センチだ。
ソールが分厚いのでまだ角度がこれでもマシな方なんだよ。
俺が持ってるのは角度がもっときつい。
しかも13センチだし、街中出て歩くと足がつるのを覚悟で
出かけないといけないヒールの高さなんだよ。
俺はもっと足の負担がなく、ヒールの高さがありソールとの
角度が平たんな厚底靴よりはある、そういった靴が欲しいんだよ。
一番上の画像の靴があればそれで良かったんだけどもう作ってない
って言われてね。
じゃあどうするか?ってとこだよ。




ただ上の廃盤になったであろう靴は見てくれは頑丈そうだけど
1年持ったら良い方。
勿論革靴だから使用頻度によるが半年毎日履いたら確実に
皮が白っぽくなるという欠点はあった。
コスプレで年に10回しか履かないなら大丈夫だろうけど
365日の内、150日履いたら大体シワが顕著になり、ヒール
部分の釘の叩きこみの部分が浮いて来る。
接着剤がはがれてブランブランになる、俺が10年以上愛用
していたけどかなりの確率で壊れる靴ではあったんだよ。



メリットはブーツカットの美脚部分を補う。
そこだけ。
7センチヒールだったけどソール部分も分厚いので疲れにくい。
角度がつきにく靴な訳だ。
俺はスニーカーとパンプスの中間と思って履いてたんだけどね。




ヒールの高さによって履くパンツが変わる。
まだまだ家にブーツカット系統が多く存在しているために
どうしてもこういった系統の靴が必要になる。
勿論10センチ、ないし9センチヒールの靴も少しずつだけど
また揃えようとは思ってるけど高いヒール靴のような感覚で
スニーカー的な角度がつく靴を探してたら真ん中の靴しか
サイズが合わなかった、そゆ話。

# by kyo7272 | 2019-09-13 22:19 | 雑貨/ファッション

MARDUK(ブルータル・ブラックメタル)

更新を通知する





大して持ってねえだろ、と思ったら10枚もCDがある(笑)
ブラストビートを多用する彼らの一応これはシングルかな?
かな?って書いたのはそこまで熱心なファンでもないけど
相変わらず素晴らしいテンションだな~と思ったのと
結局どれがシングルなんだ?って思ってるんでオフィシャル
MVなのでシングルなんかな?と思っただけw



勿論全てでは無いが印象としてね、スウェーデンとかノルウェイ
あたりのデス声って好きなの多いんだよ。
彼らもスウェーデンだし。
90年代真ん中辺りはスラッシュメタルみたいな事をやってた
けどブラストビート入れてから猛烈に爆音になってね。









女の友達に



北斗の拳に出てくる悪い奴みたいぃ~。



って言われたΣ(ノ∀`*)テヘ
まあ、確かにな。
それもボスじゃなくって手下みたいなゲリラ的香りが
するとこもミソやね。
こういう音楽は思想とか以前にドラムが叩けるか??な
仁義なき戦いなんだよ。
俺は叩けません。
というかドラムは8ビートキープしか出来ない。
こんな楽曲ばっかりライブでやったら1か月入院しないと
いけないかもしれないな~。
でもMVが割と信念持って作ってるからさ。
ブラックメタルだろうがデスだろうがどうっちでもいいよ。
彼らにとっては大問題だろうけど、聴いてる方は別に、
って感じかな。
ただメンバーが変わろうがこのバンドのパワーは落ちない。
20年以上やってるけど益々けたたましくなるのは十分に
尊敬に値する。

# by kyo7272 | 2019-09-12 22:06 | 音楽

Color Filter – Sleep In A Synchrotron(アンビエント/音響系)

更新を通知する






かれこれ20年前かな?
自身の音楽遍歴の集大成でもないけど、20年前となると
90年代後半という事になる。
インダストリアルノイズ系に傾倒しその合間にクロスビートなどを
愛読してた頃が90年代初頭辺りで。
無理して流行ってるからってテクノ聴いたけどその時点では
駄目でね。
自分が作ってる音は完全にコールドウェイブと呼ばれる物で
Virgin Pruneseがもっと狂ったような音楽を作ってたり
ハーシュ/エクスペリメンタル/リチュアルノイズを作ったりと
やっぱり普通とは違ってね。
今の時代でも普通じゃない、って言われるし。
元々はスピードフリークだったもんでスラッシュメタルや
ハードコアパンク、グラインドコア辺りのアングラを
聴いててね。
途中でマイブラと出会ったのが若干のバリエーションを俺に
与えたんだけどね。
轟音なのにアンビエントみたいな。
と、同時にイエローモンキーとか聴いてた頃で言ってみれば
ヘンテコなバンドの中にマトモ(この頃の彼らがマトモか
は分からないけど)な、ロッキンオンとかに載ってそうな
のも聴かないともてないわ~と思ってさ(笑)
洋楽ではパルプだケミカルブラザーズとか聴いてたけど
うーん、やっぱシューゲイザーよな~と思ってノイズ系に
飽き始めた頃にマイブラのようなバンドをCD屋で探しては
大概失敗して。
●●店のお勧めマイブラフォロワーバンド♬♬
みたいなのがCDの盤面に書いててね。
昔は視聴させてくれなかったんだよ。
you tubeもないし。
それが大概マイブラっぽくないっていうね(笑)
確かにシューゲイザーだったけど、甘美なノイズじゃなくって
ただのギターノイズじゃん、だったらインダストリアル
ノイズの方がええわ、と思ったけど戻るのも嫌だったもんで
テクノに行ったら何とかハードミニマルテクノは聴けたので
SUBHEADとかカリ・レケブシュ辺りを聴いててね。
テクノも結構持ってるよ、アナログが多いけど。
そっからアブストラクトなもんとか当時はドラムンベースとかね。
そゆのを聴いてて割と踊ってたんだけどさ(笑)
やっぱりシューゲイザーとアンビエント足したような
マイブラみたいな音を作ってもいたけど他人ので
聴きたいわ~と思って出会ったのが所謂音響系って言われてる
ジャンルで。
クランキーなどのレーベルは有名だわな。
フライング・ソーサ・アタック系のもっとドマイナーな世界に
行ってしまってね。
ああ、この世界だわ、とその当時思って大阪に繰り出して
かなりな数を購入して。
でももっと静かなのが良いよな~と思って購入したのが
日本のアーティストのColor Filterってアーティストでね。





なんか長くなってしまった(笑)
アコースティックな要素がありつつ音響系的でもあるけど
よりアンビエント性が強いグループでね。
この動画の【Sleep In A Synchrotron】という素晴らしく
浮遊する曲が収められたマキシシングルを買ってね。
確か【Blue EP】という3曲入りのマキシシングルだ。
それ以来好きなんだよ。
因みにこの曲はアルバム【Sleep In A Synchrotron】とこの
曲と同じタイトルで5曲目に同じ曲が収録されている。
リリースは1998年。




で、当時俺も節操なかったんだけどDollってパンク本は読むわ
ノイズ系の【電子雑音】、モダーンミュージック(だったっけ?w)
、クロスビート、そして【米国音楽】って本も読んでてね。
割とマイナーなおしゃれな系統のバンドが収録されてるVAとか
あった記憶があるけどそこで見つけたのが
Insenceってバンドでね。
日本のギター版ポーティスヘッドとか言われたみたいだけど
you tubeにはなかったけど【アクアマリン】って曲が


あ、これマイブラじゃん!!!


って思ってもうファーストCD買って、セカンドになるのかな?
それも買ってね。
Color Filterの上の動画でコーラス的に歌われてるその声が
名前忘れたけどそのInsenceの女性ボーカルが担当してるんだよ。
ファースト出たのが1996年だったと思う。
このバンドも全員日本人だよ。







【アクアマリン】が無いのは残念だけどもっと轟音でね。
それでいて清涼感ある音で。
これも轟音だけどさ。
のでこの両者は購入した時期が近いってのもあるし、
共演してるので未だに俺とは縁が深い。



Insenceの女性ボーカルが参加したこの曲はライトなリズムで
ヘビーでは無いし逆にそこが良くってね。
上物のシンセはどこまでもドリーミンで歌詞という歌詞が
恐らく存在していない女性コーラスがリバーブたっぷりに
抑揚の無いアンビエント的シンセの中の中心に存在する。
今でも聴いてるし忘れられない素晴らしい曲だと今も
思っている。


# by kyo7272 | 2019-09-11 22:01 | 音楽

メイド服買った日の他の服

更新を通知する



大分前にリサイクル屋に行ってきて、8月25日だったか。
メイド服は載せたけど他の服も載せようと思ってね。
と言っても大した服じゃないんだけどね。
5のつく日に行くと480円商品が5着買っても1000円
な日があって一着200円なのでその品質で見て貰えば
いいかな。


f0050105_19272085.jpg







f0050105_19272521.jpg





洗濯した後だからちょっとシワいってるけどこんな感じ。
服自体にネックレスがあるデザインで勿論洗濯する時
はネットに入れて洗ったけどね。





f0050105_19273277.jpg






f0050105_19273783.jpg




後ろがパーカーになってるタイプでね。
まだ暑いからこれ着れるけどそろそろ着れなくなるような
薄い生地でね。
割と着やすいんだけどね。




他は下のジャージばっかりだから載せなくてもいいわ、と
思ってこの2着だけ(笑)
200円だしまあいいか、って感じかな。

# by kyo7272 | 2019-09-10 22:00 | 雑貨/ファッション

ふーん

更新を通知する





台風15号は別として。
その影響で停電してるのも別として。
6年も猛暑日がなかったんかい。
京都は35℃以上とか当たり前だよ、何言ってんだよ。
だから東の人間は好きじゃないんだよ。
コメント見てても他の地域をバカにしてる人居るしね。
これを期にに東の人もさー、他地域の被害を傍観
するようなコメを慎む事だね。
そんなコメントがあるから都心の事なんかなんとも
思わないって感情に他地域の人は思うのさ。
東だけの話じゃないけど、何で無能なY風コメントなんか
に書き込むんだろな。
書いた事ないわ、あんなくず掲示板。




それより異常な気温の北海道とかに目を向けろよ。
北海道の友達はクーラー(エアコン)なくてしんどいと言っている。
一切報道しないしな。
なんでも東が中心と何時までも考えるなよ。
昨日レベルの台風なんか沖縄・九州の方なら毎年来る
レベルじゃんか。
そちらの地方は本当に大変だろうなと思っている。
四国や中国地方も大変だよね。
何甘っちょろい事言ってんだろ、って割と思ってる
他地方の方々は多いと思うけど。



# by kyo7272 | 2019-09-09 22:33 | フリーザ級の愚痴!

Bruce Woolley & the Camera Clubのラジオスターの悲劇 

更新を通知する





バグルスのデビュー直前に脱退し、自己のバンド
Bruce Woolley & the Camera Clubを結成する。
恐らく唯一のアルバムだと思われる。
この曲の第3の作曲者としてこの曲の作曲にあたっていた
そうだ。
バグルス自体がプラスティックで空虚な80年代を予感
させる音楽を作っていたのに対し、ブルースはバンド
サウンドで若干の生演奏感を出してはいたけど、結局
空虚な女性コーラスでどっちもどっちな空虚さ加減なんだけどね(笑)
イメージするイギリス人らしい音と言えばそうかな。






皆はこっちバージョンの方がイメージがあると思う。
音源を持ってなくても嫌味ではないけど、ラジオなどで
かかってるのはドライブなどで聴いた事があるんじゃないかな。
ブルースバージョンの方はスピードが若干速い。
そしてUSバージョンというのがあるが、若干違った形態の
演奏になっている。



これは布袋寅泰の【Radio Pleasure Box】というディスク
ガイド本で紹介されておりそこを見てLPを購入した。
バグルスはCDなので両方LPかCDを統一させたいとは
思ってるけど、そこまでファンか?って言われたらう~ん(笑)
ブルースバージョンのギターの音がいかにも布袋が
好きそうな音色でちょっとにんまりしたけど。


# by kyo7272 | 2019-09-08 23:11 | 音楽

Halgrath - Ritual Of Lost Epoch (ゴシック/リチュアル系)

更新を通知する






今もまた、稲川淳二の怪談を聴いてたんだけどゴシック/
リチュアル系というのは、というよりゴシックな物ってのは
気持ち悪い女の声をフューチャーした物が多いような
気がする。
何かと不気味な物、稲川淳二の怪談もそうだけど7割
女の霊などが多い。
ゴシック系やリチュアル系の世界も不気味さを醸し出す
ために女のボイスが入る事が多い。
それだけ女というのは不気味な要素があるのかも
しれない。
まあ、俺にとっては不気味以外のなにもんでもないけど。





Cold Meat Industryというとこはいわばノイズ系のアーティスト
がゴシックやリチュアル的な音をリリースされやすいレーベルで
大体こんな音をしてるアーティストが多い。
昔このアーティストについて書いた事があるんだけど、きっと
もうどこに載せてるのかも分からないし載せてみた。
俺にとっては割と良質なゴシックノイズな世界でまあまあ聴く
んだけどね。
幽霊が彷徨ってるような中のSEに女性ボイスがつぶやく。
時にけたたましく叫ぶ。
リズムはこれからお前を殺しに行くぞ、といった足音のような
効果を得る。
ありがちだけど俺はこういうのは好きだけどね。

# by kyo7272 | 2019-09-07 23:09 | 音楽

M - Pop Muzik(エレポップ)

更新を通知する






なんか暑いし面倒だし矢沢永吉の動画貼ったけど
やっぱりやる気が出ないのは仕方ない。
ので80年辺りにリリースして何故か売れたらしい
この曲を貼ろうかな、と思ってね。
俺は特に好きでもないんだけど、まあいいんじゃない
かなって感じ。
ニューロマンティクス勢が出る前のエレポップな音
してるけどそれ以上でもそれ以下でもないかな。
じゃあ何で載せるん?
って言われたら暑くてだるいからさ(笑)

# by kyo7272 | 2019-09-06 23:32 | 音楽

矢沢永吉 ドキュメントを見る

更新を通知する







この動画を見てみた。
大体どんなキャラとか昔から知ってるから別段
よく喋るな、とは思わなかったしいつもこんな感じだよ。
俺の作る音楽にはあまり影響は無いんだけど、この歳で
動画を視聴した感想は昔と同じなんだけど



なんなんだよ、この行動力はよ!!!



毎回そこ。
ある種パンクの精神である、Do It Yourselfを体現してる
ような人だと思ってね。
矢沢がパンクだったとかの話じゃなくって言葉の意味で
それをやってきたしさ。
俺の英語力も多分あまり変わらない状態でもそこを
打破する行動力が凄いな、とはずっと思っててね。



パンクでよく言うじゃん、ファッション
パンクスがよ!とか。
矢沢の聴衆はそれと同じように見えたんだよ。
タオルケット、車のステッカー、なんか苦手なんだよ。
それは今も一緒。
ので聴かず嫌いな部分はあったと思うんだよ。
でも中古LPだけど割と持ってるんじゃないかな?
たまにターンテーブルに載せて聴くし。
この動画は特に後半15分位の映像見てると、あんた本当に
良い歳の取り方してるよ、って思ったな~。
ああ、もう駄目だ、もう作れない、ああ、仕事行く
意味もねえ、って時にこの人を思い浮かべる事は
かなり多くってね。
そういったポジティビティな部分が一番影響されて
るんだよ、この人に。






So Long




しかし70歳にそろそろなろうか、って言う人の
音楽じゃないわね。
素晴らしい。
この源は何だ?って言われたら飽くなき探求心と
受け止めてるんだけどね。
今の俺もこの社会に疲れきってて、社会ならまだしも
人間から【匂い】を感じなくなった印象がこの10年かな。



別に矢沢永吉のようなロックシンガーにならなくっていいんだよ。
彼のように生きれなくってもいいんだよ。
ただ、彼が動画で言ってる


自分に課せる


ってのは分かるんだよ。
確かに俺は音楽で飯を食っていけないだろう。
もうそんな欲求も昔に捨ててしまったし。
ただ趣味であろうが何であろうが、音楽だけは手放したく
ない、って思いで今年音楽を作ってリリースしてそれが
ガス代だか電気代の足しになったりしてるからさ(笑)
だから音楽を作るのを課してるつもりでは居るんだけどね。
色々俺の場合は捨てて、だけどさ。
とにかく分からない事やしたい事を突き詰めろ!って
いう行動力はかなり見習わないといけないってずっと
思ってきたしこれはそういった勇気が湧く映像だったので
載せた。






回転扉

俺の好きな2曲のバラードも添えて。



# by kyo7272 | 2019-09-05 17:57 | 音楽

Reformed Faction - The Singer Of The Sun(アンビエント系)

更新を通知する






以前書いただろうアーティストだろうけど、ソビエト・フランスの
分派したユニットだがまあソビエト・フランスと似たような
世界が展開されている。
ので別にこれを買わないといけない、って事は無いけど割と
トライバルなんで自然と聴けるんだけどね。



今日は特に書く事もないし、あっついわ半日位雷なってるわで
ある種8月より暑いんじゃねえか?な【妖気】が漂ってるので
こういった無国籍トライバルを聴いてみた、ってだけの日記
なんだけどね(笑)


# by kyo7272 | 2019-09-04 21:46 | 音楽

The Yellow Moneky - Sicks

名作求む!心に残った本・映画・音楽教えて!



更新を通知する


名作求む!心に残った本・映画・音楽教えて!



って書いてるからさ。
音楽バカな俺としては



あ、ノイズ系書いてやろうかщ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ



とか



誰も知らないアンビエント書いてやろうか。




とか思ったんだけど、やっぱり中心にあるって訳でも
無いけどイエローモンキーがパブリックなイメージで
分かりやすいって事で選択して、まだこの選択がある
ならば色々書いてやろうとは思ってるけど今日は
それにした。









色々考えてみたら私生活における自分を見る時に
これが最盛期だった過去かもしれない。
女にはもて、仕事も順調にこなしていたし意味不明な
医師にてきとーにつけられた【自律神経失調】を
これでもか、って位に戦い、自分と自問自答してた
頃を、それすらも受け入れ俺は妖艶に生きるんだ、
という全く関係の無い部分とイエローモンキーを
結び付けてた頃に何かが訪れ、それと同等の何かが
色々去って行った。




結局イエローモンキーが言う所の部分なんか打破
できてないけど、自分なりに挑んでいた96年に
【スパーク】や【JAM】に頼らずに奏でたマスター
ピースと言えば、個人的にセカンドが好きだと
言いながら否定し難い事実ではあったんだよね。








今でこそ普通にブログ書いてるけど、実際、自律
神経失調症と呼ばれるもの?は克服はしていない。
どうやら俺の身体はそれを拒絶してるかのようだ。
勝手に仲間としてそいつとも生きてるんだけどね。
その中で彼らのインディーを省くと6枚目のアルバム
が実は当初は、そんなに良いアルバムとは思って
なかったんだよ。
【Four Seasons】の方がしっくりきたし【Smile】
のポップさの方が好きだったからだ。
何故かって?
ノイズ系聴いてたからだよ。
ただ、ノイズ系聴いてたってある特定のアーティスト
以外にこれだ、というアーティストも見当たらない、
買っても買っても金ばっかり出ていって興奮がない、
そんな状況だったんだよ。
まずそんなの聴く奴あまり知らないし(笑)
アングラ聴いてる俺ってすげーだろ?な時といい加減
決別したくってね。
途中からイエローモンキーとノイズ系(だけではないけど)
を並列で聴いてみてやっぱりこれだ!って決めたのは
結果的、自分の脱皮的?に6枚目のアルバムだったんだよ。




じゃあ何が凄かったんか?




って言うと一曲目の【Rainbow Man】の今から思えば
レッド・ツェペリンな音なのかもしれないけど
この曲が決めてになってね。
確かにエマが言うようなMission的な世界でもあり
ツェペリンもインド思考ではあったのと被ってね。
これはとんでも無いアルバムだ!と思ってたけど割と
2曲目から落ち着いた、そんなイメージだったんだよ。
結局イエローモンキー(吉井和哉)に抱いていた
イメージは【嘆くなり我が夜の~】や【追憶の~】
やインディ、ファースト、ヘヴィーなシャンソン世界
を実は今もこっそり思ってた頃でね。
あまりにロックロックしてるもんで




うーん、良いけどイマイチなのかも?



と思った自分に嘘はつけなくってね。
そうこうしている内に年数が経って、このアルバムが
出てから今年で23年にもなった。
吉井和哉が当時言っていた



自然と調和できないバンド



とはちっとも思ってなくってね。
全く自然を題材にしてんじゃん!みたいな(笑)
それは5作目で証明してたし。
のでその流れで聴く【Rainbow Man】はとても
すんなり聴け、かつスケールが上がった作品に
なったんだけど、どうしてもヘヴィーロック志向が
なんか違うな、とも思ったんだよ。
7作目になるとまるでハードロックなんだよ。
そのバランスが良い部分がバラエティに富んでた
楽曲に支えられて素晴らしいアルバムになっていると
今はそう思えるんだよ。
【薬莢へ行こうよ】の間の外し方、その後に
【天国旅行】へと向かう世界が割と好きでね。














ライブでの【天国旅行】は吉井和哉の、聴衆のか、
マスターベーションを抑えられないノイズギターを
紡ぎだす。
インディの頃のように色々出来た、と今でも思ってる
らしいけどそうなんだろう。
ただデビッドボウイが死んでからそう言えるのかな?
彼はデビッドボウイに影響されて音楽を始めた
トラウマ的な物があると発言していた。
歌詞面でも妖艶な歌詞から



5足で1000円の



などの普通の生活感を出したのもこの頃からだ。
ある種、違う意味でグラマラスなのかもしれないけど
一般的には吉井和哉の妖艶なルックスとは相反する
歌詞に戸惑う人は居たんじゃないかな?



俺は音楽を作っている。
マイナーなジャンルだし、自費出版だし。
俺はね、今のイエローモンキーもハチャメチャに
遊んで欲しいと思ってるんだよ。
曲でね。
続・SICKS的な、音はまるで違ってもいいので
そういうのを聴きたいんだよ。
彼らのアルバムでケチをつけるアルバムは無いん
だけど生まれてきたのがグラムからだったので
色っぽく切なく死んで欲しいんだよ。
グリッター達の散っていった様は知ってるだろうし。
そういった意味で個人的には今後ヘヴィーシャンソンを
歌って欲しいんだけどね。
これは休止する時からずーーーーーーーっと言ってる
んだけどね。
実際、4000粒の恋の唄や毛皮のコートのブルースなどは
テレビで歌ったけど何か違った。





都合が良いんだよ。
彼らが【Sicks】出した頃が個人的に上で書いたように
割と落ち着いた頃だったからさ。
ただその頃を境に柄シャツは着るわ、ブーツカット
を未だに履いてるわで影響されたバンドであり、
やはりここに収められている楽曲は初期と比べると
強靭になった、という事実を聴くだけで割と勇気が
出てたのかも?な頃だったのでこれが一番名盤かな?
洋楽で、って書いたら当たり前だったしそうでない
マイナーなバンドのここが!みたいなのを書こうとは
多少思ったけど、今現在に辿る流れで言うとこのアルバム
が一番好きなんだけどね。


# by kyo7272 | 2019-09-03 22:16 | 音楽

近田春夫&ビブラトーンズ - ハイソサエティ

更新を通知する







所謂日本のテクノポップ、海外ではエレポップと呼ばれたジャンル
ではあるけどエレポップと80年代テクノポップというのは
なんか違うような気がするんだけどね。
近田春夫って好きですか?って問われると
う~ん、な感じなんだよ。
日本のテクノポップって言えばプラスティックスやヒカシュー、
P-Model、ジューシーフルーツ、ヴァージンVSとかかな。
俺の知らないのも居るんだろうけど、この時期の近田は
テクノしててね。
イマイチって言うのは元々デビッドボウイなどの耽美的
ルックスが好きな人からすると近田さんはちょっときついんだよ(笑)
テクノポップに限らずだけど、どこまでフェイクで居れるか、
どこまで本物(一個の人間が)が機械を同化出来るか、な
そんなのある訳じぇーじゃん、な世界を割と真剣に取り組んでた
のがイギリスのゲイリー・ニューマンでね。
じゃあ日本のテクノポップ(エレポップ)と海外と何が違う
んだ?って問われると




日本独自の歌謡曲性




に尽きると思うんだよ。
ちっともキュンキュンしないけど、それを真剣にやろうと
してるのがこのバンドだけでもないけど、まあこのバンド
がやってるコンセプトで日本ってノイズにしてもイメージで
大音量にしたりテクノもやたらキッチュに作るってイメージ
があってね。




ビブラトーンズFunってアルバムしか持ってないないけど
この曲が一番センチメンタルかな(笑)
当時80年代初頭だっけか。安直な近未来に期待してたの
かな、とも思えるんだけどね。
エレポップにしてもニューロマンティックスにしても
安直なんだよ。
どうしても時期的にパンクと被るというかポストパンクに
つらなっていくけど全てが薄っぺら、ただオールドウェイブの
人達はフォーク的な物が見えたり、新しいポップ感を
作った人たちなんだけど今の若い人がこれ良い!!!!
って言う人は少ないと推測してるんだけどね。
女アイドルに歌わせた方が良いような気が個人的にするし。
ただ、歌詞まどは割と男の情けない部分を歌ってるし
下手すると【キモオタ】な世界でもあるんだけどね。
そこに関してはYMOとは全くベクトルも過去にやってた
事も違うので、申し訳ないがやっぱり安直だ!
と言ってしまおう(笑)
だってさ、ださいんだもん(笑)
そこが好きな人にはたまらない人だと思うよ。




初めて言うけど80年代初頭辺りのテクノポップの日本
アーティストって全てではないけど、イメージとしては
ださい自分を煌びやかに見せる最新のテクノロジーの
武装をつけて自分の情けない部分を歌って、半分機械に
なったイメージをつけたいんだけど、今の時代の若い
人が聴いたらマジ無理だわ、な世界ではるとは思うん
だよ。
馬鹿にしてるつもりじゃなくって歌上手いの?
って言われたらそうでもないし(笑)
ただ演奏してる人達は割と秀逸かな、って感じかな。

# by kyo7272 | 2019-09-02 23:24 | 音楽