ピンキージャンク

THE STALIN - bird






確かこの曲は俺のブログで書いた記憶がある。
アルバム【Trash】は公式には再発されていない。
俺が中古レコード屋に通ってた頃から2万だ3万だで売ってたので
持ってないのが悔しくってね。
ああ、ならノイズ系買うよ!!!!な開き直りでお陰で変な
ノイズを漁るようになったんだけどね。
バンドやってる友達誰も持ってない、対バンしたバンドの奴も
持ってない、俺の環境下ではまさにまだ聴いてない名盤だった
訳なのさ。
まあ、諸事情でアルバムのCD-R今は持ってんだけどさ(笑)
その中で一番好きなのがこの曲でね。




音質が著しく悪いんだけど、悪いがゆえのカルト性があったように
思うんだよな~。
2回だったっけ、この曲をカバーしたのは。
別に難しい曲ではないけど、このヴァージョンよりヘヴィーにしたく
ってダウンコード、アップコードで弾きわけてたかな。
今の時代からすれば特に速い曲でもないんだけど、遅い分
そこにギターの変な音を入れる時間があってね。
それでも原曲よりは速かったライブだったけど、スターリンってのは
元々ミチロウのフォーク志向がパンクに変化したもんだと大人に
なって思っててさ。
だからカビ臭いって俺は言うんだけどさ(笑)
褒め言葉なんだけどね。
再発したらさっさと買うけど、変なミキシングとか入ってた嫌だな。
まあ、再発はしないだろけどね。ミチロウ的には。


[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-27 19:20 | 音楽

10年ぶりにうなぎを食う



実際10年も食ってないんか?って言われたらいささか
自信がないけど、まあ、それ位は食ってないんじゃないかな、
って思ってね。
食った瞬間、去年にでも食ったような気がする安っぽい
味だったけどやっぱ懐かしかったねー。
常に食いたいとは思うんだけど、いかんせん高いし普通は
顕著するしそこまで高いなら焼肉の食べ放題食うわ、って
感じかな。
居なくなるならそれは仕方ないな、と思ったりしてね。
ウナギも美味いけど、その後のナムルが美味かったかな。
何でナムルって美味いんだろなー。
まあ、ほぼビビンバみたいな味なんだけどさ。
そしてもう25日か。
ほぼ7月終わりか。早いもんだ。
最近は割りと弾き語りを車でして、ちびちび曲作ってるんだよ。
ウナギ食っただけではパワーはもらえないだろうけど、何とか
夏を乗り切りたいもんだ、酒と共にな。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-25 22:00 | 全体~

布袋 - こんがらコネクション





まあ、この曲は割りと有名だしひばり君もなんとなく好きだった
のもあって後に聴いてみたら初期の布袋っぽい曲だな、と
思ってたらやっぱりそうだったっていう。
曲を聴いただけで分かるってやっぱ個性があるんだろな~。
BOOWY自体が売れまくってた訳の時期じゃないから様々な
バンドや楽曲を提供したりしながら収入を得てたんだと思うけど
割とサイドプロジェクトちっくなかゆい時期の頃って
いいよな~って思ったりしてね。




さて、そんな俺は酒を飲みまくったもんで若干二日酔いちっくな
現在だけど、そう言えば昼間にギター弾いてたんだっけな~。
もう3日前のような感覚で(笑)
曲の断片的なメロやリフなんか作ったりしながら徐々にロック
っぽい事もしはじめてる、そんな一日。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-23 23:02 | 音楽

吉川晃司がポリープのようで



俺が面白がっていた(変な意味じゃないよ)頃のアーティストも
もう50代。
吉川もそういう病になるんだな、と時間が経つのが早いなーって
思って昨日記事を見た。
アイドル時代、正直格好いいと思った事がない。
ただクネクネ変な踊り方をするアイドル、ってイメージでね。
漫画に出ても(Toyね)ちょっと3枚目な感じで模倣されてたし。
何でコンプレックスなんか組んでんだ?って当時そんな感じ。
布袋の1枚目がすこぶる良かったもんで、あえてBOOWYという
恐竜を消滅させてまでコンプレックスなんかしてんだ?ってのが
俺の印象でね。
でもこれを何十年も持続させるとやっぱり凄いもんだよ。
東日本大震災のチャリティーライブではどこまでキレる踊りを
するんだ?何故以前より声量が増す?って思ったもんだ。








歳を取るたびに吉川は格好よくなっていく。
しかも、いつもピカピカのロックで魅了を俺の知らないところで
していた。
吉川の前では布袋の片足上げのギターもかすんで見える。
というかこの高身長の二人がクネクネしたり足上げたりこの二人
じゃないと出来なかった事を確認したのがこのライブでね。
行ってないけど、DVD持ってて見てるとそう思うんだよ。
吉川のこの腰のキレ!
そして俺の知ってる中で一番白髪が似合うのも吉川だ。
だって昔の吉川ってPLの頃の清原みたいだったんだもん(笑)
今や理想の50代のシンガーだよね。
ポリープのオペ後、しっかり療養してもらいたいもんだよ。



しかし、踊りがキレてるな(笑)

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-22 22:16 | 音楽

T.A.G.C. - Magnetic Pharmacology(ゴシックアンビエント)




The Anti Groupとあるがそのグループの別プロジェクトがこの
T.A.G.C.である。
もっと言うとClock DVAというバンドを母体とした物が
The Anti Groupという事になる。
正式にはThe Anti Group Communicationsの略式名が
T.A.G.C.という事になる。
俺が最初に中古レコード屋のノイズ系コーナーにあったLPを漁って
いた時に買ったアイテム。
【Meontological research recordings teste tones 2】と題された
このアルバムのLPで言えばA面は実験色の濃いノイズ面。
B面はこの通り猛烈なゴシック音楽となっている。
声楽などをサンプリングし加工したと思われるこの部分が、
低音持続音(ドローン)と相まって静謐でありながら威厳を発し、
サンプリングされた音はループされ、考えてみたらテクノ的な
発想ではあるかもしれない。



正直これを超えるゴシックアンビエント(俺が作った造語)作品は
聴いた事がない。
ここまで抑揚しながら、でもアンビエント的安らぎも個人的に内包
している作品は正直これしかない、と言っても過言ではない。
残念ながら随分昔に再発されたCDを所持してない。
恐らくこのyou tubeのアップ主はCD音源からだろう。
Soleil Moonというレーベルから同作品がCD化されたのを知ったのは
随分後だったのでもはや手に入らないだろう。
SPKのレーベル、Side Effectsからリリースされたこの作品は
上にも書いたように音に対するリサーチ結果を基にして作られている。
何故このようなゴシック作品を作ったのかは分からないが、荘厳と
しながらも美しいサウンドスケープ。
you tubeでの音源だから分からないけどLPより滑らかな印象を受ける。
俺自身の中での最高のゴシックアンビエントアルバムがこれ。
これ以上の音楽を聴いた事がない。
やはり俺自身が作らないと誰も作らないからこの音を超えるゴシックな
物を作ろう、という気になった。全くもって素晴らしい。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-21 22:47 | 音楽

Mer De Revs(ダークアンビエント)




ダークアンビエントなのか普通のアンビエントなのかよく分からない
けど、よくありがちなアンビエント。
個性もない、このアーティストだ、という物もない。
けど暑いから聴く、それだけ(笑)



低音は効いてるけど上モノのメロディがモノクロームな世界。
さぞかしクーラー効いた世界でなら休めるんだろうけど、
俺は今クーラーを切っている。
じきにつけるとは思うけど。
それ位個性に欠ける一枚。
聴いた事が無い人が聴けば、若干ネオクラシカルな感じもするから
良いじゃん、って思う人も居るだろうけどこのアルバムから
強烈な静謐とした個性は皆無。
でも暑いから好きなだけ、こゆアーティスト多いから俺の作品も
凡作作らないようにしないと、って思ったなー。
まあ、悪くはないけど買うとこまでは無いかな。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-20 20:15 | 音楽

Paul Hardcastle 19(ポップス)





ベトナム戦争のその後の兵士達の歌?っていうかサンプリング
しまくった作品で、何故か彼の作品はこの曲しか知らん。
というかこの曲のインパクトがでかかったので。
この時代、サンプリングしまくった作品が多くって、Dead Or Alive
やフランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッドしかり12インチ
全盛な時代で結構面白い事をしていた時代でもあった。
そういえばファルコの【ロック・ミー・アマデウス】もサンプリング
だけで一気に聴かせる曲でもあった。




これは日本語バージョンで小林完吾のナレーションで編集された
リミックス版だけど、申し訳ないが最初



何やってんだ?この曲



って思ったもんだ。
いなか、いなか、いないないなか の繰り返しのとこで
正直上に書いたアーティストのように摩訶不思議なリミックスで
それでも当時は格好いい、って思ってたんだよな~。
思えばそのサンプリング以外は女性コーラスをメインとした
ソウルフルな音楽で他の作品を未だに聴いてないから分からないけど
実際何をしたかったのかイマイチよく分からないアーティストだ。
兵士の平均年齢が19歳だったそうで【19】ってタイトルになってる
みたいだけど真面目なのか不真面目なのか分からないけど、
俺はこの日本語ヴァージョンにとっとときめいてたかな。
こと音楽に関して、はね。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-19 22:03 | 音楽

今年も来ました電気代



電気代の明細が新聞受けに入っていた。
どれどれ。
ほお、7000円という戦闘力を超えましたか( ´⊿`)y-~~
6月真ん中から7月の真ん中の1ヶ月で大体電気代って
3000円から4000円ちょっと程度。
あっついんで扇風機を回したせいもあるけど、それが6月
真ん中だと仮定して、クーラーつけたのが7月1日からで。
まあ、クーラー代だけで半月で3000円行ったって事か。
この調子で使ってると余裕で1万超えそうだ(。+ω-)
6月真ん中までは扇風機も使ってなく割りと過ごしやすかったけど
この豪雨。そして蒸す。
例年と帳尻を合わせるかのように夏は酷い。
夏が好きでクーラーなんか絶対無理!な人とは暮らせないな。
暑すぎてビール飲む気もしなくなってきるかな。
そしてだるくなって疲れて欲しい物を削って電気代に行き、
そしてその欲しい物すら忘れ年末になる。




まあ、電気代が急激に上がった、ってだけの愚痴話。
使ってしまったからには仕方ない。
その内京都でも40℃とか超える日が数日出てきて
後10年もしたら40℃、夜の最低気温が30℃が毎日、って
日も来るんだろな。



[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-18 22:26 | 仙豆をくれ(σ・∀・)σYO!!

フェデラーの8度目の栄冠を望む

f0050105_22493652.jpg


この姿を見たくて何年もかかったけど、今ファーストセットを取った
とこでまだ試合をしてるんだけど、彼のプレーに魅了されてる
人は相当多いと思う。
俺は彼のパッシングで抜くのが好きでね。
フォアハンドで回り込む姿は貴公子って感じがするし。
絵になるって言うか。
柔らかいんよね、フェデラーの動きって。
全盛期の体力は無いだろうけど、引き出しが増えた。
でも、また決勝で負けるんじゃないか、ってちょっとビクビクしてる
んだけどね(笑)
先は長くないけど、今年の優勝、もし来年やるならやっぱりこの暑い
芝のシーズンに彼が居るのと居ないのとでは全く違うんだろな、と
思いながらテレビを見る。




[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-16 22:56 | 全体~

トムキャット - サマータイム・グラフィティー







歳にもよるんだろうけど、洋楽に夏を想起させる曲は沢山
あったけどどうしてもイエモンの【Spark】とこれが夏の
イメージなんだよ。
そりゃ、スターダストレビューの【夢伝説】って言う素晴らし
すぎる曲もあるけど、外歩いてたり仕事してたらこれが
頭をかすめる。
イエモンのはyou tubeでは半分しか尺ないから載せない。




たびたび俺のブログに出てくるトムキャット。
ある種80年代の真ん中辺りの隠れポップアイコンだったのかも
しれん。
北斗の拳の歌歌っても不発だったけど後に再評価、そんな
感じだろうね~。
この曲はパッド系、ストリングス系のシンセの音が綺麗で
適当にワイルドなギターが入って、なんかそんな稚拙な歌が
ちょっぴりゴージャスか加減を出してるこのシングル、結構
好きだったんだよな~。
割とトムが書く歌詞って見てくれと違って女心を表した
歌詞がアルバムでは多いんだよ。
チューブとか杉山清貴とかは、ちょっと今の俺のモードではない。
杉山清貴はなんか夏でも夕方って感じ。
ポップにはじける時期は少なかったけど、この曲は俺には
素敵なサマーソングなんだよ。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-13 22:33 | 音楽

VooDoo Hawaiians(中山加奈子のバンド)







大概you tubeでは音楽を見に行ったり探したりする。
何でかVooDoo Hawaiiansというなつかしいバンドに辿りついた
んでちょっと見てた。
まだ続けてたんやな~。
原曲はもっと速くノイジーだったけど、割とテンポを落として
演奏してるかな?
一時期VooDoo Hawaiiansにはまってね。
ラモーンズみたいな事やったりサーフィンガレージな世界を
作ったりしてて。
と思ったらこの映像は2003年のか。
確かこの辺りの音源をCDで持ってるからなんとなく懐かしくって
聴いた。
プリンセンスプリンセスまでは辿らなかったけどね(笑)

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-12 23:24 | 音楽

クロスオーバーイレブンを聴く







夏でも冬でもなんとなーく夜更けに聴きたくなるFM番組が
これだったんよね。
こんな事なら会話から何まで録音しておいたらよかった、と
思ったりするけど、何分時間が長かったのでそれをやろうと思っても
カセットが追いつかなかったんだろうけどね。
なんだかアダルティーな選曲だったから当時はさっぱり意味が
分からなくってね。
この曲の何処がいいんだろ?みたいな。
お目当ての曲が本買ったら分かったんでチェック入れたりしてね。
懐かしいってのもあるし、この歳で聴くのも新鮮だし。
唯一落ち着いて聴ける番組だったのでなんだか大人になった
気分で、ああ、毎週やってたんだな、と思うとやっぱり
無理して録音しておいたらと思ったり。
心の中では覚えてるんだけど、今のこの時間に丁度聴いてみたい
そんな気分かな。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-10 22:52 | 音楽

F.G.T.Hに吉井和哉の影を見た






何かの音楽を検索してたらフランキーに行ってね。
F.G.T.HとはFRANKIE GOES TO HOLLYWOODの略なんだけどね。
2004年に復活したらしいけど映像見てると全盛期より
パワフルになっててびっくりした。
トレバー・ホーンの25周年記念のコンサートが上の映像だけど
おや?ボーカルのホリー・ジョンソンってこんなに色気があったっけ??
しかも若い。
早速wiki見たらボーカルがホリー・ジョンソンではなくライアン・モロイ
という俳優もやってる人らしい。
ホリージョンソンに声が思いっきり似てるのがびっくりした。
だから分からなかったんだわ。
しかも、第一期イエローモンキーの吉井和哉のような艶やかさがある
ステージングを見て
やっぱ化粧が似合う男って俺は好きだ!と思ってさ(笑)
顔はそっくりでは全くないけど、雰囲気は俺がしびれた吉井和哉の
それと同じな匂いがした。




f0050105_21405528.jpg




f0050105_21405956.jpg





f0050105_21410272.jpg




f0050105_21410539.jpg





f0050105_21412831.jpg




当時より演奏技術は上がってるし、ホリーには悪いがこの人の
ボーカルの方が優れてるんじゃないか?と思える程素晴らしい。
でも2004年から活動してるんだろうか?
もうこの年から13年経ってるけど、元々SM/ゲイカルチャー+
ニューウェーブの極地、言わばセックスピストルズから
始まったパンク/ニューウェーブの最後にセンセーショナルに
出現したのが彼らだった。
そんな彼らが13年前とはいえ復活してるとは思わなかった。
ちょっと懐かしい、でも新たなフランキーって感じでちょっと
感動した。






[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-09 22:15 | 音楽

2度寝がしみついた



七夕か~。もう願い事とか書かないけど今日もただ蒸し暑く、
帰りに雨に当ってしまった、それだけの日だ。
最近って言うかずっとなんだけど、家に帰ったら丁度この時間
辺りから、またはこの時間まで寝てしまうんだよzzz
そして深夜になっても寝るんだけど、昼では無いけど昼寝
してしまう癖がついててね。
そっから酒なんか飲んだら割とすぐにまた眠くなる。
本当に上等な寝具が欲しいとこだわ。
と言ってもパソコンのあるとこで横になって寝てしまうん
だけどね。



f0050105_21554981.jpg




まあ、七夕って事で実際こんなに綺麗な画像(拾ってきた)のような
空なんか見えないし、俺はクーラー解禁したんで涼しいとこで
ビール飲めりゃーそれでいいんだ。
うん、ビールだクゥーッ!!”(*>∀<)o()"

[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-07 21:58 | 全体~

ジグジグスパトニック(変なロック(笑))



とにかく彼らの音は楽しいし同じフレーズのベースの繰り返しに
快楽を覚える人はひっそり(笑)多いと思う。
この曲はセカンドアルバムに入ってた曲で去年にもライブでも
やってたし、彼らの代表曲【Love Missile F1 -11】の素人から
色んなリミックスをされまくっているジャンクパンクポップ。
去年もライブやってるし、老けてしまったけど元気だ。








【Hey Jayne Mansfield Superstar】って曲なんだけど俺達(俺=
トニージェイムス)はとにかくスーサイドをやるんだ!という
開き直り+ジェネレーションXでのパンクっぷりが合体した
第5世代のロックンロール、って触れ込みでおお騒がせしたけど
思ったより売れず(笑)セカンド出した後姿を消すんだけど、
上にも書いたように充電期間はあったものの、じゃあ彼らみたいな
音だしてるキワモノなルックスや音楽ってあんの?って言うと
実はあんまり無い。
知らず知らずにオリジナルな音楽性に時代と共になってた
って感じ。
ジグジグスパトニックは12インチが特にいい。
執拗に繰り返されるベースの繰り返し、ディレイだらけのボーカル
プラス、サンプリング。
そしてパンクフィーリングを感じさせるギターワーク。
そして、エルビスまで敬愛もする。
キワモノではあるけど、実はしっかりした音楽性だったんだよ。
布袋もこの技を使ったしね。





[PR]
# by kyo7272 | 2017-07-06 23:25 | 音楽