ピンキージャンク

トムキャット - サマータイム・グラフィティー







歳にもよるんだろうけど、洋楽に夏を想起させる曲は沢山
あったけどどうしてもイエモンの【Spark】とこれが夏の
イメージなんだよ。
そりゃ、スターダストレビューの【夢伝説】って言う素晴らし
すぎる曲もあるけど、外歩いてたり仕事してたらこれが
頭をかすめる。
イエモンのはyou tubeでは半分しか尺ないから載せない。




たびたび俺のブログに出てくるトムキャット。
ある種80年代の真ん中辺りの隠れポップアイコンだったのかも
しれん。
北斗の拳の歌歌っても不発だったけど後に再評価、そんな
感じだろうね~。
この曲はパッド系、ストリングス系のシンセの音が綺麗で
適当にワイルドなギターが入って、なんかそんな稚拙な歌が
ちょっぴりゴージャスか加減を出してるこのシングル、結構
好きだったんだよな~。
割とトムが書く歌詞って見てくれと違って女心を表した
歌詞がアルバムでは多いんだよ。
チューブとか杉山清貴とかは、ちょっと今の俺のモードではない。
杉山清貴はなんか夏でも夕方って感じ。
ポップにはじける時期は少なかったけど、この曲は俺には
素敵なサマーソングなんだよ。

[PR]
by kyo7272 | 2017-07-13 22:33 | 音楽
<< フェデラーの8度目の栄冠を望む VooDoo Hawaiian... >>