ピンキージャンク

Line-Up (日本の80年代のバンド)







何時解散したのかも分からない80年代の後半の、知ってる人が
割と少ないであろうメジャーアーティスト。
俺もしょっちゅうは聴かないけど彼らの曲の【ペーパー・ムーン】
というバラードはよく聴く。



Gang of Fourとはまた違った意味で縦に切れすぎるリズム
と曲構成は異彩を放ってたんよね。
Boowyに影響されまくりな立てた髪型はあるものの、独特の世界
を持っており、もう少し知名度があってもいいかな、ってバンド
だったけど洋楽志向な俺は上にも書いたように何時解散しただ、
メンバーが何をしてるだ、とか全く知らないんだよ。
突然変異で出たとしか思えない縦に切れすぎる楽曲構成ゆえに
80年代後半から90年代初頭に現れた、イギリスで言うなら78年の
セックスピストルズの解散から82のディスチャージがフルアルバム
を出す初期パンクからハードコアが始まる4年間に幾多の
オルタネイティブなアーティストが存在したように、彼らもその
渦の中からかなり質の良い異質なリズムでメジャーに出たものの
沢山のバンドが存在した中(多分俺も居た)解散の道を辿る、という
流れを見ると上に書いたイギリスのオルタネイティブ、ポストパンク
的な現象が日本でも音楽の質は違えども沢山のバンドが出ては
消えていく、というそういう意味においては彼らはそういう存在
だった。




基本的にはビートロックの縦に切れまくる音楽。
ボーカルは甘い声質だと思う。
さぞかし観客がノリにくい、良い意味で独特なカミソリロックな
リズムと甘い声、ってのが俺の印象かな~?
割と俺の中では隠れ名盤なんだけどね。

[PR]
by kyo7272 | 2017-05-28 22:37 | 音楽
<< ベランダで飲む 半額の寿司を買う >>