ピンキージャンク

Cocteau Twins - Donimo






土日の昼間にでも聴いても大丈夫な清涼感があり、かつゴシック的
要素、後のシューゲイザー的な匂いも84年発表の【Treasure】には
ある。
彼らの曲の中でも上位に入る耽美的でかつギターポップとしても
聴ける曲がこのアルバムに多くてね。
同時にアンビエント的耐久性もある。
神秘的な印象とポップな感触が同居してる感じかな?
その後のアンビエントアルバムを2000年代に出すロビン・ガスリー
もこの頃からある程度イメージが出来てたのかな、と思える
ような、やはり彼らの最高傑作となるとこれかな。


[PR]
by kyo7272 | 2017-04-01 22:15 | 音楽
<< MR.MISTER-BROKE... うーん、趣味がなくなる >>