ピンキージャンク

The Stranglers - Bitching









昨日書いた事と矛盾するかもしれないけど、ビッチな女は俺は嫌いだ。
だから俺は男尊女卑な考えなのかもしれん。
過去の恋愛を書くのが面倒だから書かないけど、女嫌いだから
人と付き合わないんだろな。




当時、ビッチという意味すら分からない頃に彼らのセカンドアルバムを
買ってね。
思想とかどうでもいい状態でこの曲が一番彼らの中でパンクだと
思ったんだよ。
デモ聴いたら割とブルースちっくなこの動画とは全く違った
音をしてたんだけどね。
彼らも男尊女卑だったし。
俺のモードも今はいびつな形でそうだし、今でも好きだけどね。





痩せたギターが炸裂している。
ジャン・ジャックのベースは何時ものように重い。
今も活動を続ける彼らの音も嫌いでは無いんよね。
80年代の耽美的な音も嫌いじゃないし。
でも、これぞ彼ら!って言うとこの曲になるんだよ。
熱量の沸点っていうか、時代の産物っていうかさ。




女なんかアテにしちゃ駄目なんだよ。
ビッチかどうか、とか別にして自分のしたい事を歪曲させる。
そゆのは必要ない。
痩せたギターがここでは破壊力に変わって聴こえる。
そこが好きかな。
もう数十年前から好きな曲なのでたまにこれを弾く。
ベースラインもギターで弾いたりして楽しんでるけどね。
ま、誰も近づくな、って話だな。女が俺は嫌いだ。男も恋愛感情湧かんけど(笑)

[PR]
by kyo7272 | 2017-01-22 23:06 | 音楽
<< Protoaeon(ゴシック/... ま、やっぱ恋愛無理っすね >>