ピンキージャンク

ポーグス【ニューヨークの夢】を聴きながら





敢えて恋愛カテに。
この曲は俺の家で当時、付き合うかどうか、の新しい恋人が出来るか
出来ないか、の瞬間であったんだよ。
若い頃の話だけどさ。
ずーっとこの曲を二人で冬に聴いてたんだよ。
まあ、クリスマスも近いし何となくこんな話してるんだけどさ(笑)
彼女が来たのって何時だったか忘れたけど、昼だったような気がする。
口説いた訳でもなく、同調しながら喋ってた感じで盛り上がって
しまった感覚があってね。
それに火をつけたのがある種この曲だったんだよ。
その日に結ばれてね、天にも登る気持ちってこういうもんか、と
思ってさ。
今の俺はこの頃のような純粋さも経験もしすぎて、多分こんな感覚には
もはやならないと思うけど、この頃はそうだったんだよ。
そうだな~、新しいCD買ったんだ、聴く?
みたいな感じで。
買ったのは中古だったんだけどさ(笑)
あの時俺の部屋で確実に一つの恋が成就され、恋人となるんだけど
この曲がクリスマスソングとはその時、思わなくってね。
Nipsってパンクバンドやってる奴か~、それがポーグスになってどんな
音してんだ?って思ってね。
今より金持ってたし、ついでに買うか、程度だったんだけどアイリッシュ
トラッドを中心とした音作りで俺にはある種衝撃だったな~。
ヴォーカルのシェーンはこんな素晴らしい曲を作るのにアル中(笑)





幸せの絶頂ってのを迎えて半年してから俺が病気をしてね。
なんだろな~、高校の頃も色々女と付き合ってたけどこの人を軸と
して俺の恋愛って作っては潰れた感じがあってね。
結局引きずってたんだよ、相当な年数を。
可愛かったってのもあるけどさ。
彼女は小さかったから俺のイメージって小さい女って何故か
強気なんだよ(笑)
負けず嫌いって言うのかね~。
B型だったしAの俺とは合わなかったんだろうな、と思いながら
でも2年位は付き合ったんかな?
丁度短大卒業した辺りだったから、俺の今も残る持病となる胃の
むかつきってのがその頃どの薬飲んだら抑えられるんだ!な状態
だったんで精神的にも肉体的にもきつくってさ。
ふられた後、胃潰瘍になってしまうし。
そっからどうしたら色んな意味で立ち直る、立ち直らせるか、を
念頭にとにかく音楽作品を作りまくり、そしてきつい仕事をしまくり
(もっとも今その仕事をしたら多分楽だ)気分が悪くなりゃ~
画鋲で太もも刺しながら仕事しててさ。
気分悪いのを痛みで誤魔化す、みたいな。
とにかく仕事をして、って時にあえてこのアルバムを封印したんかな?
あんまり覚えてないんだけどさ(笑)





f0050105_21131814.jpg



これは名作だ、ってずっと聴いてたんだけど飲んだくれな
バンドで音も上にも書いた通り、トラディショナルな
バンドで、猥雑なライブを想起させる、でも力強い、
そして【ニューヨークの夢】などのメロウな素晴らしい
曲も入ってるアルバムでね。
彼らが売れた後、マノネグラとか出てきたんかな?
アイリッシュトラッドは好きで聴くけど、最近の俺は
インド(笑)
インドのアンビエントをよく聴くんで久方ぶりに聴いたら
やっぱ良い曲よな~と思いながらずっとキスをしていた
あの天気も良かった冬の日を思い出す。
だからポーグスが好き、ってのもあるかもね~。
過去を全部道連れに、今日も飲む(笑)







[PR]
by kyo7272 | 2016-12-22 22:45 | 恋愛
<< 向坂環のクリスマス帽 ノイズを聴いて恐怖した音 >>