ピンキージャンク

Bass Communion(アンビエント)






Bass Communionは大変ムードのあるアンビエントを
作るアーティストだ。
幽玄な雰囲気の中、知らず知らずにメロディがあり
暖かく、でも作風は何処かクールだったりする。
そして無機的ながらもドラマティックなその音は
ステレオセットで聴くと部屋が映画のSEのように
流れ包まれているような感覚を覚える。
シンセの音色がいいんだろな~。
彼の作品は割りと持ってて、この動画のCDも持っている。
神秘的になりたい時に聴くと良い作品で、と言いたいが
今日の京都の暑さと言ったら!
マジでクーラーつけるレベルだわ。
もうちょっと涼しくなった方がこの音は合う。
こんなクソ暑い時にはあんまり合わないけど、夜中に
一人で聴いたら温度も下がるだろうからいいのかも。




[PR]
by kyo7272 | 2016-09-27 23:29 | 音楽
<< Ananda Giri(アンビ... やっとゆっくり眠れる >>