ピンキージャンク

リサ・ジェラルド(ゴシック)








鬱陶しい人間に無駄な時間をかけた時ほど、時間が
いつもよりも無駄と思う事は生きていてよくある事だ。
後半月ちょっとしたら夕方の日差しが弱くなる事を
祈りつつ、こんな無駄な時間もかなり減った筈なのに
まだあると、ただでさえ暑いのにイライラを助長させ
て虚しさを感じる事になる。




Dead can Danceのメンバーの一人のリサ・
ジェラルドの歌は暑い時になかなか聴きにくいけど
クーラーの聴いた部屋でじわじわと情感が発揮
される。
デビュー以来、解散などもあったが相変わらずな
ゴス声。
声の質がそうなんだろうな、と思ったりアレンジが
やっぱゴシックなんだよな~。
クラウス・シュルツェなとどもコラボしてたけど、
どこか厳かで涼をある種求め、何処かに佇む
城の中で聴いてるようなひんやりとした質感と
人間的な温もりが同居していて、良い歳のとり方
をしてるな、と思いながら少し酒を飲む。

[PR]
by kyo7272 | 2016-07-30 22:19 | 音楽
<< 暑いからシンギングボウルと雨の音 冷やしぶっかけうどん >>