ピンキージャンク

U2-40








ライブ映像など見てるとやっぱりスタジオ版がいいな、と
思って丁度夜の23時から翌1時位に聴く事が多い曲。
歌詞の内容など無視して、自分がフラットの状況の時に
ゆっくり聴ける曲だ。
【War】と言うアルバムは特にドラムを強調されたアルバム
だと思うんだけど、未だにこのアルバムでさえ



ニューウェーブ臭い


だの



寒々しい



という分かってるんだか分かってないんだかのライナーを書く
人間が居る。
正直、職業ライナーの人間なんかアテにしてないし。
確かに、ジョイ・ディヴィジョンちっくなベースラインがそう
感じるなんだろうけどバカげてるよな、と思ってね。
音楽ってその時代での音ってどうしても吸収してしまうし、
それが有効な作曲、演奏方法だったらそれでいいじゃん、って
常々思ってんのでバカなライナーの人間はどうでもいい。
基本、ライナー書く奴って頭でっかちで俺に何の影響も
与えない人間共と思ってるからだ。





音楽は文字通り【楽しむ】もんだ。
意味性を追求したかったら歌詞を理解した上で聴くのもいいし、
音楽でしっくりくる感覚があればそれはそれでいいし。
俺には安らぎに聴こえるんだけどね。
未だにライブでやったりしてる曲だし。
ウィスキー飲みながら(今年ほぼ飲んでないけど(笑))、氷
カラカラって言わせながらベースラインを弾きながら一杯やる。
これを聴いて寝るのもいいし、ちょっとテクノで楽天的な世界に
行くのもいいし、ノイズに行こうがゴシックに行こうがその人の
自由なんだよ。
パンクで自由度が増した、以降はプライベートの時間も
増えてきたと思うし、雑多になりすぎて何を聴いていいのか
分からない、って事も多いけど俺には見えている。
だからこの曲が好きなんだよ。




評論家からはこき下ろされる【October】というセカンドアルバムが
広がりもないけど、好きなんだよ。
年月を経ると、歴史も時代も分からないけどアイリッシュな音階が
好にであるのに気づく俺が居たりする。
そういう気づきって結構新鮮だったりするんだけどな。
そんな次の夢、ステップを夢見ながらほんのり酒に酔う。
それは大変贅沢で有意義な時間じゃないか、と俺は思う。

[PR]
by kyo7272 | 2016-07-04 22:16 | 音楽
<< Ain Soph - Hono... そしてクーラーをつけて涼しんでみた >>