ピンキージャンク

チベットのシンギングボウル(ほぼ瞑想系)








10時間もある。
これだけ持ってたら恐らく十分だ。
チャクラを癒し活性化させる、まさにヒーリング的な要素が
ある楽器だけど、俺はヨガとか全く今は興味ないので
これからの季節、欧州ゴシックなどを聴く気力が無い、と
思った時、夏にはシタール音楽がガムラン、シンギングボウル
などの共鳴音で俺は寝る。
俺の場合は酒を飲んだ後、エアコンを効かせそして( ゚ q ゚ )ボーーーー
っと聴きながら寝る。
俺にとってはそれが最高の【聴き方】なのだ。




f0050105_21585512.jpg





こういう楽器を使用する。
シタールにしても倍音のドローン効果、響きが癒しとなるが
茶碗みたいな中を共鳴させて結果としてドローン効果、
決まりなく共鳴しあって響く。
欲しいけど一体幾らするのか分からないけど、ちょっと欲しい。




元々リズム楽器(的)な物には興味はあったんだよ。
勿論楽曲をかたどるような、所謂ドラムとかテクノ
なりのリズムにあまり興味が無いんだけど、例えば教会の
鐘とかね。
楽器の名前すら分からないけどアフリカの打楽器とか。
そゆのが好きでね。
俗に言うトライバルな感じなんだろうけど、教会の鐘や
混声コーラスなどはアンビエントの中に入れて作品化させる。
無論サンプリングだけど(笑)



さあ、やる気のないクソ暑い季節がやってくる。
そゆ時にはシンギングボウルが一番だ。
ノイズでもエクスペリメンタル系もこういった音ではないし
電子楽器で作られるけど、静謐な中、冷麦食って寝る。
安物ビールがあれば最高じゃないか。
ただし、お香を焚く時などはあまり香りを強くすると
刺激物だと思ってるもんで、安眠できん。
柔らかなフローラルの香水が俺には一番だ。

[PR]
by kyo7272 | 2016-06-15 18:11 | 音楽
<< UP BEATのTime Bo... Klaus Wiese(アンビ... >>