ピンキージャンク

Sixth Comm&Freya Aswynn(ゴシック)








2008年に再発してたらしく、そこまでこの作品は需要が
あったんかな、と思いつつ昔結構これを聴いててね。
Sixth Comm自体あまり好みでなくって、それは
Death In Junと同じ質感があってちっとも耽美でも
恐怖も感じないアコースティックギターを中心とした
編成だったのでSixth Commとしてはこのアルバムしか
持ってなかったりする。
上のyou tube動画のジャケット通りなんだけど、俺が
持ってるのは赤いんよね。
フルアルバムバージョンもあるけど、ジャケがじいさんじゃ
無いし色んなジャケットのデザインのタイプが
あるのかもしれんね。








一聴して気持ち悪いアングリーポエトリーディングなんだけど
フューチャーしてるFreya Aswynnの声質自体がオカルト
を歌うに適してるんよね。
バックはクラシカルなようであったり、ポエトリーが終わると
リズムがバタバタして、ったパターンで寝ながら聴いてると
その昔、変な夢を見た事が何度もある(笑)

[PR]
by kyo7272 | 2016-04-20 22:15 | 音楽
<< 蛍光灯照明器具がつぶれた ブライアン・アダムスを聴いてた頃 >>