ピンキージャンク

ある日曜日の音楽の聴き方




人には人それぞれの休日の音楽の聴き方があると思う。
勿論、休日関係なく音楽は密接に関係し、今日はこの
ジャンル、このアーティストにしよう、と思って聴く事が
無意識にあると思う。
そんな俺のある日曜日の音楽の聴き方をつらつら書こう
かな、と。







昔はこういう感じのを流してるレコード屋があって、月から金
まで働いて土日はその店に行ってた事があってね。
ので、ゴシックやリチュアル、若しくはノイズやアヴァンギャルドな
音を普通に聴いてたイメージがあってね。
今日は晴れてたので昼間に聴くと割りとマッチしてね。
不気味な音から始まるけど、ああ、L.A.Y.L.A.H.だな、って
感じ。
このレーベルはゴシックって言うよりリチュアル的な、異国の
宗教的な変な音楽が多いイメージがあってね。
家にある怪しいビニール盤もこういうのが多くてね。
L.A.Y.L.A.H.ってレーベルは静謐で異国な感じが
味わえるので割りと好きだ。









如何にもゴシックな音で、これもそのレコード屋あたりの影響か
日曜日にしっくりはまった。
夜に聴けば普通に良い意味でも悪い意味でもはまるんだけど、
今日は晴れてる空の俺の部屋の空間に合ったんだよ。
脅迫的な音圧と不気味な女性のエコーのかかった音で
幸せなんか見出せない音群だけど、なんか落ち着いた。




こんなのばっかり聴いてて、ちとカルトなニューウェーブ系統を
聴いたりしてからイエローモンキーを聴いた。
イエローモンキーは何処かに出かけてるってイメージ
なんかな?
リサイクル屋だ何処だと車でドライブ中によくかけてたんで
それにピッタリはまってね。
今日意識した事って結局過去にやった事のイメージ探し、
って物だけど、余裕が無い俺には感情と聴覚とフィーリングが
合致した聴き方が出来るって意外と稀なので心地よく
寝たw

[PR]
by kyo7272 | 2016-02-21 23:11 | 音楽
<< また脳のオペ 希望の空の下で >>