ピンキージャンク

モーターヘッド - Sex & Outrage






モーターヘッドのドンこと、レミーキルミスターが死んだ事に
よって今後新しい作品は聴けないんだろうけど、
なんとなくこの曲の気分。
好きなスピードチューンは一杯あれど、この曲の
ギターソロの疾走感が堪らないんよね。
より多くの人にモーターヘッド、もしくはその前にやってた
ホークウィンドを聴いてくれると嬉しいんだけどね。



彼らを聴いて、つまんねえ事になやむな!やれ!って
言われてるようでさ。
レミーが歌うとそのまま突っ走る事が出来るんじゃ
ないか、って思ったりするんよね。
そんな人のあまり評価されてないアルバムだけど
この曲の気分なんだよ。

[PR]
by kyo7272 | 2016-01-19 22:36 | 音楽
<< CDプレーヤーが潰れる Kyle Bobby Dunn... >>