ピンキージャンク

My Bloody Valentine - To Here Knows When









俺の彼らに対するイメージはこのEPにある。
甘美で暴力的なノイジーなギターに浮遊するボーカルの
サイケデリアな桃源郷な音が最高だったりする。
こないだ出た何十年ぶりかのアルバムもまあまあ
良かったけど、やっぱこの曲が一番だね~。
【Tremolo】というシングルに収められている曲で
勿論【Loveless】にも収録されてるけど、【Tremolo】には
未収録の良い曲があってね。
ケヴィンは昔


ヴェルヴェットアンダーグラウンドのような音楽でない
ような彼らのような様々な曲をやりたい


と言っていた。
その後沈黙しすぎる程沈黙したけど、シューゲイザーと
呼ばれるアーティスト達は続々と現れたけど、この曲
のような甘美さが俺にはあまり感じられない。
マイブラに似せたいけど、距離を皆取ってると思う。
同じように見られたくない、って思いもあったろうし
それよりもこのようなギターの音色を弾ける人が
居なかったんじゃないかな?と思ったりする。

[PR]
by kyo7272 | 2015-08-05 22:18 | 音楽
<< 新妹魔王の契約者 成瀬 澪  ... またアテローム((´∀`◎))... >>