ピンキージャンク

やっぱCDよかアナログだわ




久々?の登場で、アナログとCDをもはや分かってるのに
あえて比べてみた。
CDは楽曲の音の良さを損ねる。
とはいえ、CDの時代だし、アナログがどうのこうのってのは
90年代以降、一般にはリリースされてないから仕方ないけど
アナログの音の良さにやっぱりびっくりした。
便利なのはCDやけどね。
本当に音を聴きたいならアナログだろうけど、配信でも
恐らくアナログ程にはならんと思う。
ハイレゾとか別に要らんかな。
全部のアルバム買いなおす財力もないしさ。



f0050105_1753158.jpg




Stranglersの【No More Heroes】をたまたま聴いた。
俺の装置ではアナログはまるで目の前で演奏されてる
イメージだが、CDは明らかに音声を圧縮してるのを
改めて感じた。
P.I.L.の【Metal Box】を3種類聴いた。
通常アナログLP、12インチ地雷缶12インチ3枚組み、
CD。
やっぱ12インチが良かったんだよ。
30センチの円形にデータを沢山入れなけりゃ、それだけ
音質は確保できる。




よって【昔】聴いてた聴き方が贅沢な時間を醸すって事だ。
もっともストラングラーズもP.I.L.も活動してた期間を
知らない2つのアイテムだったけどな。
以前はアナログしか機材がなく、(上の2アイテムは
勿論CD時代に購入したから関係ないけど)
それが高音質だった、ってだけの話やね。
ストラングラーズのセカンドって所謂彼らの中で
一番パンクと同調した時期の作品でね。
俺は彼らをパンクとは思ってないけど、彼ら自身も
パンクと同調したって言うてたけど、システムの話でね。
確かにセカンドでは一番パンキッシュなアルバムだったけどさ。



配信という音源を聴いた事が実は無い。
買ってないからだ。
ジャズでもアナログにしろ、って先輩に言われたのが
やっぱ分かるようになってきた。
同じ作品でも別ものだと思った。
うすうす思ってはいたけど、ここまで違うとは家に
CDとアナログ持ってながらあえて無視してきたけど、
アナログに合う録音状態のもあるし、合わないのもある。
俺はたまたま2アイテム持ってたから聞き比べできたけど
メディアが変わるとこうも違うんや、と過去のメディア二つ
を比べてもよく分かった。
だからって今のアーティストに対して選ぶ道ないし、
結局90年代以降の音楽にあまりのめりこめないのは
そゆ部分もあるのかね、ってね。
ジャケットも含めて。
CDは中域が本当に不足してんな~。

[PR]
by kyo7272 | 2015-06-21 22:22 | 音楽
<< P.I.L.とか聴いてた パンク/ニューウェーブ本を読んで寝る >>