ピンキージャンク

パンク/ニューウェーブ本を読んで寝る




さっき車乗ってラジオ聴いてたらFM cocoloとうラジオを
聴いててね。
なんだかストラングラーズっぽい音が流れて
真似してる奴も居るんだな~でもキーボードはデイブ
っぽいよな~と思ったらストラングラーズ特集をしてた(笑)
格好いいよ、この曲。






今もずっとストラングラーズがかかってるんだけど、やっぱり
この時代の、まだ稚魚のような俺にとっては未知の
時代を本や俺が思春期を迎えてもビデオを見る機材が
なかったんで、妄想とリリースされる音源、本などを
読んで明るい未来を夢見ていた。
実際地獄だったどね、今もだけど。
寝る前にはノイズ本だパンク本だやっぱり読む機会が多い。
俺の時代にはもう殆どのジャンルは出されつくされたと思う。
グランジはあまり好きではなかったし、ブリットポップって
全く興味なかったし、俺はあのオアシスでさえ、嫌いという
より興味がなかった人でね。



ジョン・ライドンがどうした、シドがどうした、デイヴ・ヴァニアン
がどんな化粧をした、とか何度読み返しても内容がわかって
ていても読むのがクセでね。
シド・ヴィシャスは79年に死に、ジョー・ストラマーも死んだ。
5大パンクだけじゃなく、勿論とことん突き詰めるタイプ
なので他のパンクバンドも聴いて悦に入ってたな~とか
自分の音も拙いギターワークとUKサブス並みにがなった
り、反戦という概念が俺にはなく、でもとにかく戦いだ!と
勘違いしてdischargeなど似てるような音とモタモタしてる
ドラムに合わせて真面目に演奏しようとしてたりね(笑)



現象としてのパンクは無くなっても、その後の78年からの
ポリスなどの世界的な活躍、ダブもノイズもラフトレードみたいな
チープなインディ系の音もレゲエもオルタナティブも
ジャーマンニューウェーブも全てが素敵に見えた。
実際この系統の音がかかると知らない音なのに知ってる
感じが凄く酒がすすんだ。
ビジュアル系の祖となってるポジティブパンクとか
チープな内容だけで画像見たりして寝床についた。




さて、誰も期待していないこのブログを一週間休もうと思う。
俺は時代遅れなパンク/ニューウェーブの本や音源を
聴きながら、そうだな、ウルトラボックスでも聴くかな(笑)

[PR]
by kyo7272 | 2015-06-14 21:06 | 音楽
<< やっぱCDよかアナログだわ 適当に携帯とか >>