ピンキージャンク

LustmordとSigillum S




スロッビング・グリッスルやキャブス後、ポストインダストリアル
から出てきたアーティストは多いけど、割りに音が
しょぼいんだよ。
それはハーシュノイズやってたRamlehにしてもそうだったし。
当時は音の悪さも作品の【良し悪し】の分類に含んでた
みたいだけどね。
ようは音質が悪いという要素でさえ悪ければレア的な
価値観が生まれたのもこの頃であったんだろうと
推測する。
そして俺は前にゴシックな音源で気に入るのが少ない、と
言ったけどやっぱり変わらないんだよ。
今回は今ではダークアンビエントの世界では彼らを置いて
他にはない、な程ダークな世界を作ってる彼らの
ノイズをやってた時代とゴシック、若しくはダークアンビエント
の香りすら伝えてくれる音源を、恐らく今の家に引っ越してから
10年以上経つけど聴いてない音の紹介でもしようかな、と。




f0050105_19241843.jpg




Lustmordについては情報神経戦といったくくりで有名だが
俺は申し訳ないが構成の取れたボディ/インダストリアルに
ノイズが被さった、または同居してるようにしか思えないんだよ。
この頃、80年代初期辺りのカセットやファーストアルバムの
CDを聴いても、嘔吐物を戻す作業とか書いてるけど、俺には
さっぱり伝わらなかったけどね。
ファーストもなかなかなボディ/インダストリアルよりノイズ系統
の分類に入るんだろうけど、この画像で映ってるのが
彼らがサイド・エフェクツからリリースされた【Paradise Disowned】
という恐らく2枚目のアルバムだ。
片面が恐らくライブだと思うんだけどね。
もう片面が恐ろしい程、後のダークアンビエントを想起させる
ような音響になっており、かつ、ゴシックである事は聴けば明白だ。
ただし、アマゾンで見てみたけど5000円以上CDだけど
値段がするので諦めた方がいい。




【Latent】サイド、要はA面なんだろうけどこちらのサイドは
ゴシック以外の何者でもなく、混声コーラス入るわ、
ダークだけど静謐な音響が聴ける。
昨日これ聴いて、たかだか20分程度の間に眠りにつく
事が出来た。
人々の妄想、信仰、そんなものは城ごと焼き払え、と
裏面に書いてたが実際聴いてみるととてもダークで
耽美的な音がつらなる。
上手くノイズ的なる部分と耽美的なる部分を併せ持った
アルバムで片面のこのサイドだけでも聴くに値する。
深遠なる音響は安らぎすら覚える。
心の中にある信仰というものを除去せよ、と書かれて
おり、それでも信仰を持った人々は絶えず生まれて
くる、という諦めと怒りが込められてはいるけどね。
因みにJohn Murphyなどが参加してるので
なかなか聴きこたえあるゴシック作品としてこのサイド
では展開されている。
彼らに拘らず、やはり昔から気に入ってるゴシック
的なアーティストはyou tubeで載ってるような
音とは違う。
全くの少数派な俺にとってはある種救いのアルバム
である。


f0050105_19391217.jpg





Sigillum Sはどれがファーストアルバムなのか参加
レーベルも当時多かったようで、人に聴いて見たら
このアルバムがファーストらしい。
LPが通常の黒色ではなくホワイトってのもなんか意味
深だけど、音もノイズとゴシックの分配、攻めてくる時の
パイプオルガンの音色の突進力、静謐な部分との対比が
とてつもなく素晴らしい。
アルバムタイトルは【Boudoir Philosophy】。
ダークなのは言うまでもないが個人的に持ってる彼らの
カセット、CDの中で一番好きなのがこれ。
今度CD-RWに焼いてパソコンに入れようかな。
どうせyou tubeで探すのはサタンがどうだ、とか
低音ばっか効かせた退屈な作品ばかりだし。
俺の家の中に秘境があるのかもしれない。
こうしてかつてはかなりの頻度で聴いていたアルバムが
こうやって久々に陽の目を見たんだし埋もれる所か、
今もって輝いてる、同時に今の時代はちょっと違う
解釈をしてる作品が多いとすら思っている。



ノイズとゴシックなんて今では珍しくもないし、デスメタル
グラインドコア系統でもやられてる事だし、別にそれは
それで興味ないからいいんだけど、こうやって先人の
創作したアルバムを聴いているとゴシックだけでなく、
ノイズにしても評論家の評価とは別に、個人として
興味を持つアーティストはこのジャンルだけではないけど
結局昔の奴だな、ってのが今んとこの結論。
ハーシュノイズでは今でもいいのあるけど、ゴシック要素がある
アーティストはどれもクズだ。

[PR]
by kyo7272 | 2015-05-06 22:00 | 音楽
<< (ナウシカの)お前はオウムか!... 何回目かの5着1000円Day >>