ピンキージャンク

THE MAGNETS(日本の80年代後半パンク)






普通に食料の買出しに行ったらやっぱり混んでる。
人ゴミが嫌いな俺にとって鬱陶しい数日になる。
何故か昔の音源を聴きたくなる。
特にTHE MAGNETSが好きだった訳でもないけどこの曲だけ
ボーカルの音のとり方が面白くってね。
勢いはあるけど音が軽い。まあ、それもパンクたる所以かもしれん。


とにかく人がゴチャゴチャしてうるさい。
うるさいのは音楽だけで良い。
ああ、松井秀喜が引退だな~。よく頑張ったよ。
メジャーで30本打ったの日本人で彼だけだし、MVPも取ったし。
本当はメジャーの松井のホームラン50本見たかったな~。


そゆのもあんのかな?郷愁でTHE MAGNETSのこの曲を急に
聴きたくなったんだよ。
世間の慌しさの中の皮肉もどっかにあるんだろう。
パンクの音としての問題としてトリートメントされてない事に
あるように思う。
勿論パンクの中心だったピストルズはトリートメントされまくった
けど、ジョニーロットンのあの声があれば十分だったし、勿論
楽器群も本人達が弾いてるのかどうか分からないけど歴史的
名盤な【ポップな】重圧な音になった訳で。



幾多と出たパンクの中でTHE MAGNETSが素晴らしいと思わないけど
年末にこういったマイナーなパンクっぽいのを聴きたくなるのは
俺の心がどっか荒ぶれてるからだ。
荒ぶれてる内はまだ俺は安泰だな、と思いながら海外のシングル
一発で死にましたなバンド聴いてはゲリラな感じが今の俺には
合っている。
そして恐らく大晦日には大袈裟なゴシックアンビエント聞いてると
思う(笑)

[PR]
by kyo7272 | 2012-12-28 22:32 | 音楽
<< 半額の盛り合わせ刺身を食う ユニコーン-雪が降る町 >>