ピンキージャンク

SONIC YOUTH






SONIC YOUTHっていうと色々な音形態があるからこれだ!って
のも無いんやけど、一定して今聴きたい【メロウ】なバンドであるのは
確かなんよね~。
幾らノイジーな事をしてても、上記の音であってもバンドっぽい曲を
してても(変な言い方やけど)俺にとって彼らはメロウなんだな。
彼らのイメージって夜でなくって何故か俺にとっては昼のイメージでね。
何でかな~?
大してメジャーなコード展開でもないと思ってるんやけど、ヴェルベッツ
からの影響は当然として現代音楽やスウェル・マップスなんかに顕著な
あの感じが彼らに感じるんよね~。
いつ聴いても、どのアルバム聴いても差や程度はあっても一定して
落ちない。
こんなテンションの落ちないバンドって稀なんよね~。
各々【課外活動】をしながらも現役でやってる彼らの音が何故か
この秋に炸裂しててね。



まあ、解放されたんやろね~。
暫くの間だと思ってはいるけど、今後俺がどうなるか分からない中で
こゆメロウな音が俺の時間軸を少し止めてくれる。
それだけでも効用は十分すぎる位あるので愛聴してるけどね~。
これは俺はアナログでしか持ってないけど、好きなアルバムのテイクでね。
テイクって言うかこのアルバム自体、このシリーズ自体が俺にとって
ややノイズ系寄りな音が好きでね。
もっとポップなもんもあるけど、それも含めて彼らを最近よく聴くんよね~。
アルバム【goo】とか、よく考えたら彼らのアルバムって10枚以上は
持ってんのよね~。
言葉なんかどうでもいい。
彼らのヒリヒリするような音が何故か切なくて、でも全くなにも
考えずにいれる個人的な【ラウンジミュージック】として機能してんかな?
アンビエントやヒーリングに似たような安らぎが今はある。

[PR]
by kyo7272 | 2010-11-02 23:01 | 音楽
<< Alec Empire 地デジの工事が来た >>