ピンキージャンク

Red Red Warriors - Lady Blue







やっぱりユカイの歌は好きだ。
ただバラード=恋愛、ってのがこの歳になって気に入らないけど
男の切実な気持ちってのは数年前まで異常に持ってたから
分かるし、共感する部分もある。
でも女と言う生き物は男の思考とは違う生き物だと思ってるから
女が今、大嫌いだ。何もされてないけど全体的に嫌い。
まあ、いいや。女嫌いなのはずっと言ってきてる事だし。




彼らの作った作品のバラードの中でこの曲が一番好きなんよね。
歌いっぷりはこの曲に限らず素晴らしいけど、月並みだけど
熱唱型のバンドの少ない事と言ったらありゃしない。
結局この時代に戻らないとこゆ【匂い】のするバンドが居ない。
昔は良かった、なんて言わないけどあまりにも聴きたい
バンドが居ない。
俺が今20歳だったらどうか?
きっと80年代や90年代に歌ってたバンドを好んでいただろう。
俺の年齢で60年代とか70年代の古い音楽ばかり追い求め
80年代、90年代のバンドを好きだ、と言えない荒ぶれてた
時期だったので素直に好きって言えなかったけど、やっぱ
起点は2000年代に入ったゼロ世代から単発的に良い曲は
出てくるものの、【絵】になるアーティストが俺にとっては
皆無なんだよ。
BOOWYって言えばあんなのだったな、イエローモンキーなら
こんなライブだったな、って絵が出るけど歳食ったせいもある
んだろうけど共感できないバンドがあまりに多い、って言うか
好きだ!って言えるバンドはアンビエントの世界、ノイズの
世界などなどを除くと全く居ない。
デビットボウイもピートバーンズも死に、マイナーなんだろうけど
あのCANのホルガーシューカイも死に、俺に影響を与えた
メジャー/マイナーアーティストがどんどん死んで行く。
そりゃそうだ。
70年に20歳でバンドやってたとしてもほぼ50年近く前の人が
そのまま歳食えば70歳近くになるし。





脱線したけど、レッズは硬派できらびやかなロックンロールを
やっていた。
それを浴びてた頃にこんなバンドはごろごろ居るもんだけと
思ってた。
そしてロックってには信じちゃいけない、って事も学んだ。
でも、熱狂できる瞬間はあった訳さ。
この素晴らしいロックバラードを聴きながら懐かしさも
多少入ってるんだろうけど、こういうメロディのタフな
ロックをやる人間が減ったもんだな、と半ば現状に呆れながら
この曲を恍惚としたテンションで聴ける訳だ。
今の時代に生きてる若者はちょっと損してるわな、って
思ったりする訳だ。
全員に当てはまる事ではねえけどさ。
素晴らしいバンドが居る事の認識と今の俺のイライラ感は
どこか通じてるんよね。
我慢も必要、でも自分の意見をあえて言わないと何も変わらない
のさ。
クソ会社に対しても相手が変わらないなら一言言ってやればいい。
鬱になる程頑張ったって意味ないって。


[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-17 20:15 | 音楽

結局中小企業もクズが多い



人を人として扱わないのは大企業やブラック企業だけではない。
俺が働いてたとこも結局人を人として見てないクズ会社ばかりだ。
だから俺は自営の仕事を辞めないんだよ。
人が居てこその会社、って概念が既に無いように思う。
パートであれアルバイトであれ派遣であれ、人を労働力と
思って見ない、かと言って正社員にもさせない。
そんな企業ばかりだ。
中小も一緒。義理も人情もあったもんじゃない。
大して儲かってないくせに人を大事にしない。
そして定着しない(させない)から毎回同じ求人が出てばかりだ。
結果を出す事は当然だとしても、ここから脱落する人は
ニートだなんだ、と言って親が居る家に住み生きて行く。
心情は痛い程分かるけどそこで逃げてどうすんだ?
親は何時までも生きてるのか?
一生面倒を見てくれるのか?
俺はそんなの嫌だね。底辺だけどのし上がろうと努力するさ。




正直そのクソ会社は辞めた。
ずーーーーーーとガマンしてたけど辞めた。
お世話になったとも思わない。
もっとガマンしろ、って意見もあるだろうけどもはや心が破綻する。
その分、身の丈にあった生活はするつもりだ。
収入が少なくなればそうなるだろうし。
俺の地域はそんな会社しかねえんじゃないか?とすら勘ぐるぐらい
変な会社ばかりだ。
なら、やりたい事をやる。
仕事では無理でもやりたい事=音楽を作る事が人生での
唯一の生きがいだからやる。
金には大してならないだろうけどこれを捨てると俺が俺でなくなる
からだ。



人の力を舐めてる会社はとっとと潰れてくれ。
社会に影響が出たとしても、だ。
そして上司と呼んでた人間をてめえ、と呼ぶ程の力を俺は
つけてやる。
実際辞めたら上司でも何でもなくてめえだからだ。
何処かで巡って仕事しなくちゃならないタイミングがあるかも
しれんが、徹底的にいじめ抜いてやる。
安い賃金で働いてそれでもありがたい、と思いながら
労働をしてこれかよ、な会社など何の思い入れもない。
恋愛と一緒でいくらどの会社に行こうが一緒。
恋愛もそんな程度だと今の俺は思ってる。
だから人とは付き合わないし、会社の今後がどうなろうが
世の中のダメージがどうであろうが、どっかがそれをやる
ならさっさと潰れたらいい。
クソ会社どもが。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-16 20:18 | フリーザ級の愚痴!

火曜日のサザエさんの歌







現代社会において、サザエさんの世界は別、って言う記事を見る。
確かに変わってはいるし仕方ない部分もあるかと思う。
多分俺の事だから火曜日のサザエさんの記事を書いたと思う。
この歌聴くと何か泣けるんだよ。
カラオケで一時期イエローモンキーの【スパーク】みたいな
感じでキーを上げて歌った事があってね。




君とスパーク


私もサザエさん




ってとこを【スパーク】みたいに意識して歌った事がある。
エロティックサザエさん、ってとこだ。
俺はイエローモンキーもこの歌も好きだ。
だから感情移入して歌った記憶がある。
火曜日って確かに働いてるとだりーんだよ。
土日休みならなおさらね。
そしてこの郷愁漂うメロディ。
全てが完璧な歌だ、と思ったね。
これ見て、明日学校いこ、とか水曜日って目標が出来てさ。
この曲は日本屈指の曲だと俺は思ってるぜ。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-14 22:23 | 音楽

レベッカ - Maybe Tomorrow








昔はよく聴いてたけど最近聴いてなかったもんで載せてみた。
中島みゆきの【時代】的な聴き方になるんかな。
もっとも俺はその曲自体知らなかった世代なもんで部屋で
夜中ぼーっと聴いてたのがこの曲でね。
何で聞かなくなったか?
まあ、変なアンビエントとかノイズとか聴いてた訳だけど
今日一日頑張って明日はきっと良い事、なんか全く
なくなってしまってから聴かなくなったんだな。
ああ、明日もどうせろくな事がねえよ、でもやらなきゃ
ならねえから生きてるからには一生懸命に生きなきゃ
いけない、そんな感じなもんで逆に聴くと疲れると
思ってしまってさ。
感傷的に聴ける状態でもなかったもんで。
レベッカは優れたグループと分かっては居るけど、猛烈な
ファンって程でもなくってね。
一応全部持ってるけど(ベスト的な物を全部は持ってないけど)
最近、極力昔聴いてた曲を聴く気分じゃなくってさ。
勇気をもらいました!とか俺は言えないし、実際そうなのかも
しれないけど思ってないこともあってね。
ポジティブ過ぎる歌詞聴いてるとイライラするっていうか。
でも、この曲は名曲だ、って思ってるしひん曲がった俺じゃない
状態の時にまた聴きたい大事な曲であるのは間違いは無いんだけどね。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-09 22:46 | 音楽

Dead Or Alive - Cake And Eat It







まだファーストが出る前のポジパンちっくなセカンドアルバムに
入ってる曲で、実はこの曲が彼らの中で一番気に入っている。
インディアンビートちっくなリズムとゴージャスだけどイギリス
を感じる湿った感じが素晴らしい。
曲のコード展開はほぼなくただただ裸体のダンスを楽しんでる
かのような楽曲に仕上がっている。
インディーでやってた曲の方が俺的にはそそるんだけど、
彼らって80’sを代表する、ってイメージがあるんだろうけど
俺はそうではないかな。
やっぱり異端だったんだよ。
まあ、80年代半ばに世界的に売れたからオムニバスなんかには
大概入ってるけど、この曲はまだアングラ臭のする頃の曲で
セカンドアルバム自体もユーロビートには変わりないけど
全体を絶望とかではなく、何処かに陰があるんよね。
ポップになっても湿り気があり、イギリスもんを聴くならこの
湿り気で判断してた時期ってあったかな。
アルバムの中では重要な曲ではなかったのかもしれないけど、
この曲があってこそのセカンドアルバムだったと今も思っている。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-07 21:36 | 音楽

Voice of Eye(ゴシック/リチュアル)







結構昔からVoice of Eyeというユニットが好きでね。
エスニックなゴシックやリチュアルを演奏しており、
今でも好きなんだけどかなり濃密な音を出してたりする。
本来はノイズ/インダストリアルっぽいゴシックをやってたけど
彼らがアメリカ人ってのは音聴いてびっくりしたんだけどね。
Bonnie McNairnとJim Wilsonの夫婦でやってて、Life Garden
は夫婦だったか忘れたけど、時にチベット、インド、辺りの音を
取り入れ隠れお気に入りリチュアル・ユニットとなった。
何かと音に共通項が多いLife Gardenとも共演を果たしCDも
リリースされている。
両バンド共に元々がインダストリアル/ゴシック/リチュアル
という事もあって、どちらもエスニックな魅力に溢れている。
言われればテキサスをベースに活動してるのでテキサスサイケ、とも
言えるのかもしれないけど、俺はテキサス臭さは感じないけどね。
嫁の方は生まれはカリフォルニアらしいけど。
中東やインド辺りの人が作ってても遜色ない音作りがなされており、
その辺りの人達だよ、と言われたら納得する位違和感がない。
その二つのバンドが合体すると、ダークでリチュアルな闇の音楽と
なる。








元々Voice Of Eyeの二人はCruorのメンバーで中期Ramlehっぽい
ディレイノイズを作ったりTNBばりに擦ったり叩いたり、っていう
ノイズそのものな音を演奏しており、このバンドを経てVoice Of Eye
というユニットを組む事になる。
Crourでやってる音はこんな感じ。









後に段々インストバンドっぽくなったんだっけかな?
下手したらヒーリングの世界にでも行きそうな音が
増えていき、インダストリアル/ノイズの出身とは思えない
癒しの音楽に変化する事となる。
割とロックっぽい体裁を保つような音も時々作ってた
みたいだけど、2012年まではアルバムをリリースしていたが、
最近までは作品が出てない事もあって離婚でもしたんだろか?
と思いつつ今までリリースしたマテリアルで十分なもんで
時々思い出したように彼らを聴く。
確か18枚程フルアルバムをリリースしており、西欧ゴシック
的な音では無いけどかなり俺の好みな音を作っててね。
彼らに影響されたダークアンビエントの人達も多いんじゃ
ないかな?
構成が割りと似てる2000年代のダークアンビエントの
CDが割りと居るし。
でもやっぱり俺はこの二人が作るエスニックゴシックとでも
言えそうな音の方がそそるんだけどね。



[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-06 20:15 | 音楽

Never Known(ダークアンビエント)







ちょっとゴシック入ったダークアンビエントかな?
割とこういうダークアンビエントに出会う事がある。
Blood Boxとかその辺りのような音。
風邪引いてるせいか今日起きたの15時過ぎだしΣ(ノ∀`*)アイタ
行かなきゃならないとこに行けなかったし、もういいわ、と
思って本読みながらこれを聴きながらプログレ辺りの本を
読んでたらまた寝てしまってね(笑)



静謐な部分もあるにはあるけど、ちょっとノイジーな感じな
部分もある粗いダークアンビエントで何処かでヴォイスが
入ったりする。
ヴォイスが入ると若干ゴスっぽくなるのが特徴かな?


[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-05 22:33 | 音楽

賭ケグルイを見てた







3連休ってのに俺は10日近くも風邪を引いていたらしい。
今日はやっと重い腰を上げて病院に行ってきたけど、
小さい一応総合病院のせいか分からんけど3時間半も
かかった_ノ乙(、ン、)_
やっぱり風邪程度では町医者の方がいいんかな?と
思ったりしたけど、正直どこにもヤブってのが居るもんで
でも風邪の診察で3時間以上はかかりすぎだわ。
あまりに疲れたんで録画してた【賭ケグルイ】を
見てたのさ。
途中で寝たんやけどね。




やっぱりこのアニメはこのOPが似合う。
キーを5つ位上げて男声で一回歌った事がある。
速射砲のような歌なので何度も噛んだけどね。
これをカラオケで完璧に歌い上げたら楽しいだろうなー。
俺は男声バージョンで歌うんだけどね。
って言う事であまりに診察を待ってる時間が長くて買出しに
行って今日は終わりだわ、と思ったんで最終話の画像でも
貼っておこうかなって。
2期もいずれやるんだろうし、このアニメは顔芸なアニメな
部分が楽しめたりもするのとちょっとエロい描写もあるので
曲に合ってんなーみたいな。




しかし今年の10月は雨ばかり&風邪に苦しめられた月だったもんで
ギャンブルする女は好きじゃないけどせめて色気でも出そうかと。
どうせ二次元だから可愛い❤って事にしとくわ。
昇天されるシーン(笑)




f0050105_21104303.jpg






f0050105_21104969.jpg






f0050105_21105443.jpg





f0050105_21105918.jpg






f0050105_21110303.jpg






f0050105_21110762.jpg






f0050105_21111108.jpg







f0050105_21111630.jpg







f0050105_21112028.jpg





個人的には今年一番面白かったアニメかな?
他にもう2、3個あったような気がするけどやっぱ今年はこれかな。
そしてフィギュアとか作るんだろなー。
でもこの顔芸の顔作るのは難しそうやけどね(笑)
因みに録画機器が地デジ対応のDVDレコーダーなので割りと
画質が良い設定にしたけどBDよりは画質は、落ちる_ノ乙(、ン、)_





[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-04 21:19 | 全体~

Asmus Tietchens, Thomas Koner - Kontakt der Junglinge(ダークアンビエント)






恐らくJ-POPで今年一番好きな曲の
Tia - Deal with the devil  という曲を聴き狂い
してた後に、ちょっと熱くなったもんで冷却させるか、と
思ってこれ聴いた。
Asmus TietchensってEBM入ったニューウェーブって
イメージだったんだけど、ここではThomas Konerの色が
存分に出ているダークアンビエントだ。
執拗に繰り返される低音ドローンループに不明瞭なシンセ?が
被さってるだけの音なんだけど結構気持ち悪い所が気持ち良い。
割と夜の電車ん中で聴くとはまるかも。
流石に電車の中ではゴシック的なのは雑音も入ってくるので
合わないと俺は思ってるんだけど、好きなゴシックはかなり
ダークアンビエント入ったゴシックなもんで話合う奴居ない
んやけど、これは昔からだし仕方ない(笑)
割とこれを最近聴いてるかな、ってのがこのユニットかな。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-11-03 22:18 | 音楽

なんの実りの無い10月



10月は俺の誕生日があったから誕生月になる。
しかし、2014年の入院に始まりここ4年、あまり10月に
良い事が無い。
今年も必死に動いてる割に実りがない。
そして明らかに日照が不足した秋雨前線&台風。
そして風邪。
普通誕生月なら良い事があるかな、って予感を感じながら
そして秋を感じながら、な月なのに秋すら感じなかった。
気がついたら勝手に寒くなって秋は終わるんだわ。
ギリギリのとこで踏ん張って、でもこの踏ん張りがなくなったら
一気に駄目になりそうなとこを意地で保ってるけど
くたびれもうけ、まさにそれだわ。今月は。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-10-31 21:40 | 仙豆をくれ(σ・∀・)σYO!!

イエローモンキー - Stars







やっと納得できる【新曲】が再結成した彼らから聴けた。
デジタル配信だけなんて勿体無い位の出来だ。
色々満載だけど、決して派手なアレンジではない。
何処でレコーディングしたのだか分からないけど、極度に
エコーがかかってたりする。
【Stars】でのアナログレコードの方たちが踊ってるのは他界
したデビットボウイの事だと思うけど、【s】ってついてるから
それらにまつわるグラム、及びロックの他界された方たちを
グラムで表現する。
エマのソロプレイを存分に聴けるパートもあるし、2:20 -
2:50は吉井和哉のソロアルバムである【After The Apples】に
収録されていた【バスツアー】という曲を想起させる。
【バスツアー】は彼の作った曲の中でかなり気に入ってるもんで
ちょっと嬉しかったのと同時に、その瞬間だけ【浮遊】できる
過去の彼らの楽曲から受けた瞬間の約30秒だった。



f0050105_02443192.jpg





明るいか?と言われたらファンキー&グラマラス系統の音なのに
明るくないし、メロディも覚えやすいか?と言うとそうでもない。
(ファンじゃない人にとってはね)煌びやかでもない、どっちか言うと
暗いグルーブって感じで気持ち悪い。



実は!!!



昔からその【気持ち悪さ】が好きだったんだよ。
何か変だな?とか奇妙だな?でも好きだな!な感覚。
それが少し見えたかな、ってさ。
まだまだ本気の彼らはこんなもんじゃない、って思ってるし、
思いたい、って願望もあるんだよ。
再結成してから数曲聴いてきたけど今のとこ、この曲がマスト
なのは言うまでもない。
燃えカスの黒じゃなくて、これから何かやってやろうじゃん、
フフフみたいな感じかな?
平均年齢が50代になっても、俺達まだまだやるぜ!ってより
まだまだやるわよ❤な感触。
ソロでぐっとボーカルとしても他楽器でアルバム作るスキルを
手に入れたからってのもあるけど、より表現力が増した彼ら
のこれからがちょっとだけ楽しみになってきた。




f0050105_02445460.jpg






はい、この曲はカラオケで配信されたら完璧に歌います。
俺には完璧に歌うそれが出来るからです。
良い曲だったヽ(⌒○⌒)

[PR]
# by kyo7272 | 2017-10-30 22:14 | 音楽

風邪を引いた


今月の以上な雨や天候のせいで、かは分からないけど風邪を
引いてしまった。
こないだの土曜日で暑いのか寒いのか分からん時から
実はおかしかった兆しはあったけど、結局ここ3日調子
悪く昨日は汗を相当かいたみたいだから、風呂にも入れず
に苦しかった。
現在も完治したとも思わないし季節の揺り動かしに体が
ついていけなくなった、って話なんだけどね。



乳酸菌を摂取してから風邪は引きづらくなったけど、結局は
耐性がついて慣れてしまうと風邪引くんだな。
一昨年位からそうなんだろな、とは思ってたけど飲まないよりは
マシか、と思ってるんだけど腸内環境はマシなんかもしれんけど
サプリだから完全ではない、って話で。



今もしんどいしさっさと風呂に入りたいけど、体がかったるくてさ。
俺って看病されるのがあまり好きじゃないし、別に風邪程度で
看病なんか必要ないんだけどちょっと買い物に行くのが面倒っていう
かさ。
ポカリが欲しいと思っても買いに行くのが辛いし、今スポーツ
飲料系であるのってアクエリアスだし。
とりあえず何か食わんといかん、って事で固形になった味噌汁でも
飲んでくたばっておきます_ノ乙(、ン、)_

[PR]
# by kyo7272 | 2017-10-27 19:49 | 仙豆をくれ(σ・∀・)σYO!!

かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!(アニソン)







いっつもアンビエントやノイズやサイケや変なテクノやB級
ニューウェーブや古いフォークやハードコアパンクばっかり
載せてるもんで、たまには俺もアニソンを聴くんだぜ、って
だけでノリで載せた。
別にうまるちゃんのアニメが猛烈に面白いとは思わないけど、
見ててほんわかはする。
アニソンって演奏してる人が結構テクニックあってね。
特にベース。
そしてコピーしてるのをさっき見たけど、




制服着てミニスカートと楽器を弾いたら何でも萌えますのん?



ってちょっといらっとした(笑)
俺、女大嫌いになってしまったもんでさ。
何度も書くけど、男に目覚めた訳じゃないよ(笑)
女子が楽器持って一生懸命やってます、的なノリが俺は
嫌いなんだよ。
今のとこ、昔よりももっと恋人なり嫁なり必要ないもんで
そこに書き込んでる(恐らく)男の反応がやっぱ、ああいう
サイト(察しろ)とかを思い起こさせるんだな。









                 
実はこの空白、女に対する憎悪?(笑)を書いて消したw
相当過激だったもんで(笑)
                 



















































ああ、この歌ってか曲は特に好きでもないけど嫌いでもない、
こゆイメージが元気な女子アニソンのイメージかな、と
思って載せただけなんやけどね。
大体JC、JK、JDなんて皆好物なんだろうけど、俺にとっては
この世で一番嫌いな納豆食うのと同じ位相手にするのも
面倒くさい。

[PR]
# by kyo7272 | 2017-10-26 18:05 | 音楽

SPK(ノイズ)








アルバム【Leichenschrei】(1982)に出した後にこの
カセット【From Science To Ritual】を買ってね。
ファーストともセカンドとも違う、なんか不思議な空間
のノイズ作品。
翌年【Machine Age Voodoo】というSPK史上ノイズ好きの
皆を恐らく困らせるようなアルバムを作って全てに諦めが
ついたであろう(って流れで聴いてた)【Zamia Lehmanni】
という、今のグレアムの仕事につながる超絶ゴシック・リチュアル
なサウンドを形成する。
彼ら(メンバーの脱退がやたら多かった)の基本は



病理イメージ



それに尽きる。
ジャンルとしては好きだけど、普通に生活してたらあまり褒められた
ような世界ではなく、病理イメージだけが輸入され日本では
その上にローファイなノイズの垂れ流しだけが受け継がれたような
イメージしかない。
そしてこのカセットアルバムはその病理イメージとディスコとの
中間よりノイズ寄りな破天荒な音に終始している。
結局はマトモじゃなかった、って話さ。



ファーストでは歯医者を思わせるノイズ作品、ハーシュエレクトロで
始まるのにも衝撃を受けたけど、この作品も民族音楽したいのか
ディスコしたいのかよく分からない作品で若干頭が混乱したりも
したけど、俺のノイズ魂っていうか=慣れ、もっと爆音へ、って
意地もあって普通に受け流してたイメージがある。
今聴くとアブストラクトで腐食ディスコ&腐食民族音楽って
感じ。
大体タイトルからしてちょっと気持ち悪いしさ(笑)
科学から宗教、だし。
M.B.(84年にエホバ行く前の)とは違った気持ち悪さがあるのが
S.P.K.だったな。
この作品の後、LPでは完璧ディスコ化し思いのほか売れなかった
ため、美しいリチュアル・ゴシックを作って映画音楽の
世界に行ったグレアムの一人勝ちってイメージやね。
ニールは自殺するけど恋人が死んで後追い自殺したし、結局
イメージとしてノイズ=病理として彼らは紹介された時点で
ある種不幸だったのかもしれない。
このカセット作品を聴くと、別に買った当時を懐かしく思う
事もなく、過去にあった恋愛もほぼ忘却の流れとして
しか受け止められない俺としては騒々しいカセット作品って
だけで、やっぱ基本はパンクな瞬発力だよな、と思いながら
普通に聴ける。
もっともCD化して欲しいけど(してるのか知らん)下手したら
一番騒々しい作品なのかもしれない。
それは80年代特有の音質の悪さもそれを助長している。


[PR]
# by kyo7272 | 2017-10-25 22:37 | 音楽

浅川マキ(フォーク系)






台風が真っ只中の日曜にずっと聴いてたのがこれ(笑)
決して聴いてて楽しい歌でもないし、LP2枚とCD2枚
所持していて、時々聴きたくなる。
ダークアンビエントやゴシックなどと全く違った暗さを
醸しだしているこのアーティストの歌をそろそろ聴いて
おかんといかんな、と思ったのが10年以上前だっけかなー?
大阪で山崎ハコとか友部かづきとか漁ってた頃の話で、
やたら夜が似合うアーティストだな、と思っててね。
フォークはあまり通過してなかったもんで上記のアーティスト
とか色々聴いて、あえてLPで。
三上寛も買ったよ(笑)



静かにに燃えるタイプのクールな女の典型だな、って印象
だったかな~?
ジャズもシャンソンもフォークもカントリーも歌える、でも
そのボーカルには翳りしか見えない物で、あんまりテンションが
高くない時には聴きたくない、っていうか落ち込む(笑)
声は微妙にビブラートがかかって若干不安定なんだろうけど
そこがまた良かったりしてね。
80年代にアルバム出してるのか知らないけど、俺は70年代の
しか持ってないからどういう活動をして他界されたのか
あまり分かってないけど、こういう女とは付き合いたくは
全くないけど、アーティストとしては素晴らしい資質を
持った方なんだなと思う。



[PR]
# by kyo7272 | 2017-10-24 23:39 | 音楽